恋愛/婚活男塾

2回目のデートの誘いが断られる理由

■2回目のデートの誘いが断られる理由・対処方法。2回目のデートを誘って断られた人へ。

〜2回目のデートの誘いが断られる〜

1.2回目のデートを誘う口実は?
1、初デートは2回目のデートに繋げるために存在する
■当たり前のことだが、初デートは2回目のデートに繋げるために存在する。そのため、2回目のデートに繋げることができないのなら、1回目のデートは行う意味がない。

とても大事な2回目のデートに繋げる方法だが、そのコツは2つ存在する。
それは・・

1、再び会う口実を作る
2、相手女性に好感をもってもらう

である。

2.再び会う口実を作る
1、そもそも、なぜ2人は会うのか?
■よくよく考えれば、価値観やモノの見方、育ってきた環境なども違う、性別も違う男女が、わざわざ予定を合わせて、時間をとって、デートのために会うのは不思議なことと言えば、不思議なこと。

そこを、不自然さをださないように、自然に再び2人が会うためには、やはりそれなりの口実があった方が良い場合もある。

言い換えると、付き合ってもいない男女が2人きりで会うには、{大義名分}{言い訳}が必要なのです。

会うための口実と言っても、そんな大袈裟なものである必要はまったくない。初デートのときに、相手女性の好きな食べ物や、今見たい映画を尋ね、
「お好み焼きが好きなんだね。俺も好きなんだぁ。じゃあ、今度一緒に食べに行こう。」
「(映画名)が見たいんだね。俺も、その映画を見たかったんだ。じゃあ、今度一緒に見に行こう。」
と、2回目のデートの約束をしておけば良いだけ。
初デートの際に、この会話をしておけば、2回目のデートはすごく自然に誘える。

※このような口実がなくても2回目のデートを誘えるなら、このような約束をする必要はない。
2回目のデートプランが縛られるのが嫌な場合は、このような約束はしない。ただ単純に初デート後、数日経ってから、「今度予定空いてる日があったら遊ぼう?」と誘う。

2、もっとも強力な口実
■2回目に会うための、最も強力な口実は、モノの貸し借りをすること。
例えば、初デートの際に女性にDVDを借りれば、そのDVDを返すために、初デート後に会わないといけなくなる。

3.相手女性に好感をもってもらう
1、ただ会うだけでは意味がない
■2回目に会うだけなら、モノの貸し借りの方法を使えば簡単。しかし、ただ会うだけでは意味がない。
こちらとしては、会う回数を増やすことが最終目的ではなく、女性に惚れてもらうことが最終目的なので。

そのため、デートで女性に惚れてもらわなければならない。
デートの際に女性に惚れられる具体的な方法については2回目のデートに繋げる方法・コツの記事で。

〜2回目のデートが断られる/恋愛・婚活男塾〜
<writer 名無き仙人>

クス男「とにかく、早い話が、初デートで女性から好感をもたれれば、2回目のデートを誘うことは簡単なんだね。だから結局は、初デートを無難にこなすスキルが重要なんだ。初デートを無難にこなすスキルについては初デートプランの章でね。」

クス子「そうよね〜。女性としては、初デートで好感をもたなかった男性とは、2回目のデートなんて行きたくないものね。」

仙人「初デートで「この人(男性)と一緒にいるとメリットがある」と思われることが大切なのかもしれぬのぉ。ちなみにメリットとは(楽しい)(落ち着く)(自分が成長できる)(癒される)などのようじゃのぉ。」

楽しい→「会話が楽しい」や、「私(女)の話を聞いてくれる」など。

落ち着く→「自然体でいることができる」など

自分が成長できる→「相手の男性が良い男だから、それに合わせようと自分が成長できる」など

癒される→「相手男性が可愛い」など


関連デートで女性から好きになってもらう方法
デートで脈アリを知る方法(信頼度別)
告白/デートを断られた理由と女性心理(断る女性心理とは?)
デートテクニック(人とは違うデートをする)
女性の脈ありメール(女性とのメールで大切なこと)
女性が好きな人/男性にとる態度(女性の自己中度とタイプ別)
女性の名前の呼び方(最初が肝心)