恋愛/婚活男塾

恋愛編/女心と女性心理

■女性心理/女性の気持ちがわからない!女心が理解できない。女性心理と女心を知るには?方法。恋愛/婚活男塾

恋愛編/女心と女性心理

1.恋愛編/女心と女性心理
1、女性の気持ちがわからない!

■「女心ってわからない・・」そう感じる時もありますよね。

今回の記事では、恋愛における{女心/女性心理}について、見ていきたいと思います。

2、心理学〜恋愛編/女心と女性心理/女性の気持ちがわからない〜
■恋愛時に見られる{女心/女性心理}には、以下のようなこともあるようです。

1、誠実さ
→初対面の女性と出会った際、ついつい「この子は可愛いから恋愛対象だな」「この子は可愛くないから恋愛対象外だ」などと、{恋愛対象か否か?}で対面している女性のことを心の中でジャッジする場合もあるかもしれません。

そして「恋愛対象」と判断した女性に対しては優しく接し尽くすのに、「恋愛対象外」と判断した女性には冷たく接する場合。
つまり人によって態度を変える場合。
その男性と接している当の女性や、その様子を周りで見ている女性たちは、内心、こう思う場合もあるのかもしれません。

「うわ〜、この男性、可愛い子だけに優しく接し、そうでなければ態度を急変させて冷たく接している。
つまり、この男性は、自分にとって接するメリットがなくなれば、相手に冷たい態度をとり始めるわけで・・彼女と付き合っても、【自分にメリット】がなくなれば、態度が急変し、急に彼女に対して冷たい態度をとり始めるかもしれない。そうなったら女の子側は傷つくことになるわよね。いまいち信用できない男性ね。」

彼女達は、【人によって態度が変わる2面性ある不誠実な男性】を見ると、上記のように感じ、恋心が萎えてしまう場合もあるのかもしれません。

一方、女性の容姿等がどうであろうと、誰に対しても優しく接する男性の場合。
その男性と接している当の女性や、その様子を周りで見ている女性たちは、内心、こう思う場合もあるのかもしれません。

「へ〜。この男性は、人によって態度を変えることなく、皆に誠実に優しく接している。
この男性ならきっと、付き合った後もずっと優しく彼女に接するだろうし、もし別れることになっても、「女性が傷つくような別れ方」はしないだろうし、別れた後も態度を急変させることなく、変わらず、優しく接してくれそうね。この男性と付き合うことになった女の子は、心が傷つけられる心配は少なそうね。この男性は良いかも♪」

彼女達は、【人によって態度が変わらない誠実な男性】を見ると、上記のように感じ、恋のスイッチが入りやすくなるのかもしれません。

男性にしろ女性にしろ、恋心にブレーキをかけているのは{恋愛によって傷つく恐怖心}であるため、「傷つけられる可能性が少ない誠実な人」に対しての方が、恋に積極的になりやすいからでしょうか。

★恋愛編/女心と女性心理/女性の気持ちがわからない★
〜女性は恋愛にて男性から傷つけられることを恐れている。そのため女性としては、安心感/信頼感をもてる誠実な男性に対しての方が恋をしやすい

女性たちは、男性の{他人に対する態度}も見ていて。
例えば、私(女性)に対しては優しいのに、お店の店員に対しては横暴で冷たい態度をとる男性を見ると、こう心配な気持ちにもなるのかもしれません。

「この男性は、優しく接してもメリットがない人には、横暴で冷たい態度で接するんだ。ということは、もし私が、彼にとって{優しく接してもメリットがない人}になってしまうと、私も彼から、横暴で冷たい態度をとられることになるのかも。それは嫌だな・・」

私達は、1人の人に対する態度を、周りの皆から見られていて。
それは恋愛の現場でも、そうなのかもしれません。

そのため{優しく接してもメリットがない人}には冷たく接していると、その{2面性ある態度}を見ている周りの女性たちから、不信感をもたれる場合もあるのかもしれません。

★恋愛編/女心と女性心理/女性の気持ちがわからない★
〜女性は「好きな男性からは特別に優しく接して貰えたら嬉しい!」という心理をもちつつも、相手男性が{優しく接してもメリットがない他人}に対しては冷たく接している姿を見ると、深層心理レベルで不安や心配な気持ちをもつ場合もある〜

男性側としても、デートをしている相手の女性が、{優しく接してもメリットがない他人}には冷たい態度で接していると、「えぇ?この女性は、自分の利害関係者のみに優しく接し、優しく接してもメリットがない場合は態度を急変させて冷たい態度をとる人なの??」と感じてしまいそうですよね。

そのような意味では【人によって態度が変わらない誠実な男性】であることは、女心を掴むうえでも大切なことなのかもしれません。

2、無償の愛
→男性としては、「もう7回もデートしていて、その度に全部、僕が驕っているんだよ?そろそろ、良いでしょ?」とも思ってしまうことがあるかもしれません。

つまり見返りを求める気持ちが芽生えてくることも、あるかもしれません。
そして、見返りを求められつつ愛される女性の深層心理は、こうである場合も、あるのかもしれません。

「え?なに?私は、貴方に対して、何かしら貢献をしないと愛されもしない{価値の低い人間}なわけ?」

女性側も、男性が見返りとして何を望んでいるか?を知っていて。
そして男性は、その見返りとして望んでいることも、交際が始まり付き合いが長くなると、そのうち飽きてくることも知っていて。

そのため、女性には、その男性に対して{貢献できること}がなくなってしまい・・そうなれば見返りがあるから愛してくれていた男性から愛されなくなり、振られてしまう・・という恐怖心もあって。

だからこそ、見返りを求められつつ愛される女性は、見返りを求めてくる相手男性に対して{信頼感}を、いまいち持てないために、逆に警戒心が強まってしまう場合もあるのかもしれません。

一方、もし男性側が、見返りを求めることなく女性を愛するならば。
見返りを求められることなく愛される女性の心理としては、こうなのかもしれません。

「どうして彼は、見返りを求めてこないのかしら?理由はわからないけど、{無償で愛されていること}が嬉しい。私のことを{貢献する/しない}に関わらずありのまま価値を認めてくれて、愛してくれている。
こんなふうに、見返りを求められることなく男性から愛してもらえたのは初めて!この男性なら、ずっと私のことを大切にし愛してくれそう。信頼できる!」

見返りを求めつつ女性を愛することは「君には、ありのままで愛されるほどの価値はありません。ただ、僕に対して貢献するならば、君のことを愛してあげても良いよ」と言っているようなものでもあり、そのため女性心理としては「もし、私が彼に貢献できなくなれば、私は彼から振られてしまう!」と恐怖心や心配な気持ちが芽生えてしまい、{見返りを求めてくる男性}に対して、一歩、距離を近づけることに躊躇してしまう場合もあるのかもしれません。

そして見返りを求めることなく女性を愛することは「君は、僕に対して{貢献する/しない}に関わらず、愛されるべき素敵な存在です!」と言っているようなものでもあり、そのため女心としては、{ありのまま価値を認めてもらえる喜び}や安心感を感じることになり、{無償で愛してくれる男性}に対して信頼感を感じ、一歩、踏み込むこともできるようになる場合もあるのかもしれません。

★恋愛編/女心と女性心理/女性の気持ちがわからない★
〜短期的には見返りを求めて愛した方が{要領が良い}ように思えるが、長期的には{無償の愛}が勝つのかもしれない。見返りを求めていると警戒されるから。また、恋愛含む人間関係は【信頼】で成り立つため〜

そのような意味では【無償で愛すること】も、女心を掴むうえで大切となるのかもしれません。

3、愛する
→自分の家で飼っている犬は、たとえ雑種であろうと、世界で1番、可愛く愛おしいものですよね。
皆、それぞれで「私の家で飼っている犬が1番、可愛い!」と思っているかもしれません。客観性には欠けているかもしれませんが・・。
では、どうして、自分の家で飼っている犬が【世界で1番、可愛く愛おしい犬】となってしまうのでしょうか。

★尽くす
→「忙しい合間を縫って犬のために散歩する」「餌を毎日与える」など、犠牲を払い尽くし奉仕することで、犬に対して愛や愛着が湧いてくることになるため、自分の家で飼っている犬が【世界で1番、可愛く愛おしい犬】となっていく側面もあるのかもしれません。

つまり「犠牲を払い尽くすこと」は、その対象を愛することにも繋がるのかもしれません。

★理解
→自分の家で飼っている犬のことは、小さい頃から知っていて、よく理解しているために、道端で見る{知らない犬}よりも、愛らしく思えることになるのかもしれません。

つまり「理解すること」は、その対象を愛することにも繋がるのかもしれません。

★恋愛編/女心と女性心理/女性の気持ちがわからない★
1、愛するとは? → 犠牲を払い奉仕し、理解に努めること
2、犠牲を払い尽くし、理解に努めると・・・その対象に愛を感じることになる

女性たちは「愛されたい!」と強く願っているようです。
そのためか、女性が読む雑誌の表紙には「愛されメイク」「愛されヘア」「愛され弁当」など、「愛されること」に繋がるワードが載っていることも少なくないようです。

そのような女性たちは、相手男性から愛されたいがために、「尽くされたい」「理解されたい」とも思うのかもしれません。
「尽くすこと」や「理解すること」ことは、「愛すること」に繋がるからでしょうか。

だからこそ女性たちは、「デートでは男性から尽くしてもらいご飯だって驕ってもらいたい」と感じる場合も少なくないようですし、「私の話を聞いて欲しい!(私のことを理解して欲しい!)」とも願っている場合が多いようです。

★恋愛編/女心と女性心理/女性の気持ちがわからない★
〜女性たちは「尽くされたい/理解されたい」という心理をもつ。なぜなら「愛されたい」から。男性から尽くされ理解してもらえれば、そのことは「男性から愛されること」に繋がるため〜

そのためか、女性たちは「自分のことを理解してもらえ尚且つ、受け入れてもたえた」と感じるまで、男性側がいかに「俺のすごさ」をアピールしても、そのアピールが女性側に届かない場合もあるようです。
女心としては、まずは「理解されたい!(愛されたい!)」ということなのでしょうか。

そのような意味では、「俺のすごさをアピールする話をすること」よりも「相手女性への理解に努めること(女性の話を聞くこと)」の方が、女心を掴むうえで大切となるのかもしれません。

女性たちは男性の自慢話よりも「この男性は、私のことを理解してくれている。そして私のことを受け入れてくれている!」という理解してもらえている喜びや、安心感を、求めているのかもしれません。

3、恋愛と信頼〜恋愛編/女心と女性心理/女性の気持ちがわからない〜
■「愛されたい!」という欲求は男女に共通する欲求ではありますが、女性の方が「愛されたい」という欲求が強いのかもしれません。

そのような女性たちは、自分の欲求を満たしてくれる男性に対して、好意をもつことにもなるのかもしれません。
すなわち、私(女性)に対して尽くしてくれて、私のことを理解してくれて、私のことを無償で愛してくれる男性に対して、好意/好感をもつことにもなるのかもしれません。

北風と太陽のイソップ寓話では。
北風は、ピューピューと冷たい風を吹きつけることを頑張りましたが、上手くいきませんでした。
一方、太陽は、無償の愛・・暖かな愛により、上手くいきました。

この物語の教訓は「手っ取り早く乱暴に物事を片付けてしまおうとするよりも、ゆっくり着実に行なう方が、最終的に大きな効果を得ることができる。」だそうです。

恋愛においても、特に長期的な関係においては、太陽のような無償の愛が、女性との{信頼関係の構築}に役立ち、結果的にも良好な結果を生み出すことになるのかもしれません。

〜まとめ 恋愛編/女心と女性心理/女性の気持ちがわからない〜
1、恋愛含む人間関係においては「短期的には効果的」と「長期的には効果的」とに、違いがあるのかもしれない。

短期的な関係のみを望んでいるならば、話はまた、別となるのかもしれないが。
長期にわたる良好な関係を望んでいる場合、優先させるべきことは{信頼/信頼関係の構築}なのかもしれない。

そして{信頼/信頼関係の構築}のためには「誠実さ」「無償の愛」など、成熟した人間性/人格から滲み出るものが重要となるのかもしれない。

つまり、長期的な、恋愛含む人間関係においては、人間性や人格を磨いていくことが、成功の秘訣の1つでもあるのかもしれない。

2、1人の人に対する態度を、周りの人達は見ていて、そこからも「この人は、信頼できる人かどうか?」を判断している。
そのため、人によって態度を変えないこと・・・全ての他人を「大切な仲間」と認識し、全ての他人に対して愛と敬意をもって接することは、「信頼」という意味でも重要となるのかもしれない。

3、愛される秘訣の1つは、愛すること。
そのため、自分のことを愛して見返りを求めつつ女性に近寄るよりも、女性のことを愛して、無償で女性を愛することの方が、長期的には「愛されること」にも繋がるのかもしれない。

4、女性の言う「愛されたい」とは、「理解されたい(話を聞いてもらいたい)/認められたい/感謝されたい/大切にされたい/幸せを願って貰いたい」などの気持ちを含む。
私達は、自分のことは愛しているため、自分のことは大切にするし、自分の幸せは心から願う。
そして{愛する対象}を女性へと広げ、女性のことを大切にし、女性の幸せを心から願うようにすると、女性は「愛されている実感」を感じることになり、
それは男性に対する安心感や信頼感、好感にも繋がるのかもしれない。

〜恋愛編/女心と女性心理/女性の気持ちがわからない〜
<writer 名無き仙人>

クス男「イソップさんは、焦ってことをなそうとし、失敗した恋愛経験があるのだろうな〜。」

クス子「そういう目でイソップ寓話を見る?」

仙「自分も女性も、ともに幸せになれるwin-winの関係を構築していけるよう、精進していけると良いのぉ。」


関連
女性と仲良くなる方法/恋愛編(恋愛とは「正面から異性と向き合い心の結びつきを築く人間関係」)
デートで脈アリを知る方法(信頼度別)
女性の気持ち/恋愛(女性の心理と本音)
女性が好きな人/男性にとる態度(女性の自己中度とタイプ別)
初対面で好印象を与えるコツ(10のポイント)
女性の褒め方・方法(認めて褒める)
女性の脈ありメール(女性とのメールで大切なこと)