恋愛/婚活男塾

女性とのメールのコツ

■女性とのメールのコツ。女性とのメールが苦手な人へ。付き合う前の婚活女性とのメールの上手な仕方・方法とは?

女性とのメールのコツ

1.女性とのメールやり取りのコツは‘無難’
1、特に付き合う前の女性は、無難なメール文以外のメールに対して、反応が悪い。少し調子にのって濃いメールを送ったら、メール返信が途絶えることも。

(無難なメール以外は、反応が悪い。付き合ってもいない男性からの、濃いメールや、テンションのズレがあるメールに対して、「気持ち悪い」と感じるように、女性の脳はなっているのかもしれません。)

2、そのため、付き合うまで(惚れられるまで)は、一貫して無難なメールやり取りを行うことが、女性とのメールのコツになる。

3、やはり、メールは文章と絵文字のみですから、どうしても「伝えたいこと」のすれ違いが起きがちです。

だからこそ、意思疎通がまだまだ完全でない、付き合う前の時点では、すれ違いを起こさないためにも、無難なメールを送ろう。

「おもしろいハズだ!」と笑いを狙ったメールなども、温度差があるため、おもしろさが伝わらず、女性が返信に困って、メールを無視されることに繋がりかねません。

無難にメールしよう。

勝負は、デートです。メールは、あくまでも関係をキープするツールにすぎません。メールで頑張るのはスベりやすいので辞めよう。

2、無難なメールの具体例 11パターン
1、1つのメールのなかに、1つは‘
質問’をいれる。質問がないと、女性は返信しにくい。

また、男性から質問をしないと、「男性から質問してこないのに、女の私が一方的に質問するのも・・」という心理も働き、メールが途絶えがち。

と同時に、女性は自分のことを理解してもらいたい生き物。メールで女性に対して質問をすることで、女性を知っていくのが、付き合う前のメールやり取りの基本。

〜女性とのメールのコツ/恋愛・婚活男塾〜
<writer 名無き仙人>

クス男「女性とのメールのコツかぁ。」

クス子「楽しみながらメールやり取りを行えるといいわね。」

仙「メールで迷ったら、無難なメール文の方を選ぶのが良さそうじゃのぉ。」


関連
女性の脈ありメール(女性とのメールで大切なこと)
女性が喜ぶメール(4つのコツ)
女性が貰って嬉しいメール(3つのポイント)
デートで女性から好きになってもらう方法
デートで脈アリを知る方法(信頼度別)
告白/デートを断られた理由と女性心理(断る女性心理とは?)
女性が好きな人/男性にとる態度(女性の自己中度とタイプ別)