恋愛/婚活男塾

女性を口説く会話例

■女性を口説く具体的会話例。女性を口説く会話方法・会話テクニック。婚活女性を口説く会話内容とは?恋愛・婚活塾

女性を口説く会話例

1.口説く前に結果は決まる
1、女性は、口説いて落とせるようなものではない
■そもそも女性は「口説かれたから、相手に恋する」とは、限らないようなのです。
女性は、口説かれたから、なにか特別なセリフを男性から言われたから、男性に恋するわけでもないし、男性と「付き合いたい!」と思うわけでは、ないようなのです。

女性は、ある特定の、男性の口説き文句・セリフで、{相手の男性を良いと思うかどうか?}を決めるわけではなさそうです。

もっと、普段の何気ない会話の中で、徐徐に、相手男性に惹かれていくようなのです。当たり前といえば、当たり前ですが・・。

逆を言えば、普段の2人の関わりの中で、女性が相手男性に好感をもっていないのに、口説きセリフだけ「お前しかいない!」「君を一生大切にする!」など、最高の口説き文句を言っても、女性は「は?なに言ってんの?」となるわけです。口説く前の段階で、女性の男性への気持ちは、もう決まっているのですね。

つまり、{女性を口説く}というセリフはよく使われますが、あれば実際の恋愛では役に立たない言葉でも、あるのかもしれません。
ナンパ以外の普通の恋愛では、女性を口説くスキル(喋りスキル)は、あまり必要でないのかもしれません。

2.女性を口説く具体的会話例
1、聞く会話力
■女性の心を落とすために、「会話を頑張らなくてはいけない!」とか、「女性がキュンとくるセリフを言わないといけない!」と、感じる場合もありますが、そのような必要はないのかもしれません。

女性の心を自分のものにしたいなら、女性の話を聞くスキルの方が大切なようです。
女性は、「男性の素敵なトークが聞きたい!」と思うよりも・・それより「私のことを理解して欲しい。」と思っており、そして「私を愛して欲しい(愛されたい)」という欲求をもっているようです。

そのため、男性がペラペラ喋る必要もメリットも、ないのかもしれません。

それよりは、女性に「連休はなにしてたの?」「仕事はどんな感じ?」などと質問し、女性に喋ってもらうことが、女性の心を落とす正攻法なのかもしれません。

6〜8割女性に気持ちよくお喋りしてもらって(つまり会話の中心は女性)、残りの2〜4割を自分が話す感じでしょうか。(つまり、自分は女性をもてなす側)

そして、とりとめないのない会話のなかの、自分が喋る2〜4割の中に、ぽつんぽつんと、{女性が惹かれる話}をすることが、重要なのかもしれません。
※例えば仕事を頑張って、仕事にやりがいを感じている系の話や、犬・猫・子供好きな話など

それが「口説きの方法」でも、あるのかもしれません。。

「く、口説きセリフをいつ言う?今か?・・まだか?」などと構えるより、自然体で接して、自然体で会話をし、その中で、{女性が惹かれる話}を自然にポロっとするのがコツなのかもしれません。
そうすれば、女性の方が、勝手に「キュンっ!」と感じ、勝手にこちらに好感をもってくれるようです。

そうして、女性から好感を得ていき、3回目のデートにて堂々と「君のことが、好きです!」とストレートに告白する・・それが王道であり正攻法でも、あるのかもしれません。

具体的な会話例については女性との会話の章が参考になりそうです。

〜女性を口説く会話例/恋愛・婚活男塾〜
<writer 名無き仙人>

クス男「女性を口説くっていっても、しょうがないよね。男性が女性を口説きにかかる前に、女性は「この男性は良いな♪」or「この男性は好きじゃないな・・。」の答えをだしてしまっているんだから。」

クス子「そうね〜。」

仙「男性にとって大切なセリフとは、堂々と「君のことが、好きです!」とストレートに告白する・・それをしっかりとしておけば、あとは、あまり気にしなくても、良いのかもしれぬのぉ。」


関連
女性の脈ありメール(女性とのメールで大切なこと)
女性が喜ぶメール(4つのコツ)
女性が貰って嬉しいメール(3つのポイント)
デートで女性から好きになってもらう方法
デートで脈アリを知る方法(信頼度別)
告白/デートを断られた理由と女性心理(断る女性心理とは?)
女性が好きな人/男性にとる態度(女性の自己中度とタイプ別)