恋愛/婚活男塾

彼女を幸せにする方法

■彼女を幸せにしたい!彼女との交際のコツ・秘訣。彼女に幸せになってもらうには?恋愛/婚活男塾

彼女を幸せにする方法

1.彼女を幸せにしたい!
①彼女を幸せにするには?方法

■付き合っている彼女のことが、好きであれば好きであるほど、「彼女のことを幸せにしたい!」と思いますよね。

では、彼女に幸せになってもらえるために、男性に出来る事柄を、見ていきましょう。

②4つのコツ ~彼女を幸せにする方法~
■彼女の幸せのために、交際中の彼氏に出来る事柄は、以下の4点も含まれることになりそうです。

①彼女の良い側面を見る
→誰でも、完璧な人間ではないため、人それぞれで{良い側面}と{悪い側面}があるようです。

だからこそ、彼女の{悪い側面}ばかり見ていると、彼女に対して不満をもつ機会が増えそうです。

一方、彼女の{良い側面}を意識して見るように努めていると、「引き寄せの法則」によって、さらに彼女の良い側面が目に入ってくるようになり、彼女を「イイ女だなぁ!」と思えるようになりやすく、彼女に対しても、彼女と交際出来ていることに対しても、感謝出来やすくなり、そのことはラブラブな交際へと繋がりそうです。

また、彼女の肯定的な側面を見ることで「君はイイ女だよね。」と、彼氏側は思い込むことになり、彼女も、その彼氏の思い込みに無意識的に応える形で、イイ女である部分が引き出され、イイ女となっていきやすい傾向にあるようです。
すると彼氏は、イイ女である彼女のことを、もっと愛することが出来るようになり・・・彼氏から愛され大切にしてもらえる彼女は、心が満たされるからこそ余裕も生まれ、寛大な優しい女性となっていくようです。
そうなると彼氏は、寛大な優しい彼女のことを、もっと「君はイイ女だよね。」と思い込むことになり、彼女も、その彼氏の思い込みに無意識的に応える形で、さらにイイ女である部分が引き出され、もっとイイ女となっていき・・と、好循環が生まれることになるようです。

一方、「君は、悪い部分も多い駄目女だ。まずはアレとソレを改善した方が良いよ。」と、彼女のことを駄目女として見ると、彼女もそれに無意識的に応える形で、駄目女の側面が現れやすくなる傾向にあるのかもしれません。

交際期間が長くなればなるほど、恋の感情は冷めていく傾向にあり、恋が冷めれば2人の関係はマンネリ化していき・・関係がマンネリ化し始めると通常、それまで、、、つまり恋に溺れていた頃は気にならなかった彼女の悪い側面が、目に入ってくる場合もあるようです。
すると、「君は、悪い部分も多い駄目女だ。まずはアレとソレを改善した方が良いよ。」と、彼女のことを駄目女として見始め、彼女の悪い部分を改善させようと、仕向け始める場合もあるのかもしれません。

私達は男女問わず、相手から「君は駄目人間だ!君のせいで、私は不幸だ。私が幸せでいられるために、私のために君が変わりなさい!まずは、駄目な部分を直しなさい。」と言われると、嫌になってしまうようです。
一方、相手から「君は、素晴らしい人だよね。」と尊敬され感謝され愛されると、自分のことを尊敬し感謝し愛してくれる相手のために、頑張ろうとし始めるようです。

愛する彼女にも、{良い側面}と{悪い側面}があることでしょう。
彼女の{良い側面}を積極的に見るように努め、彼女のことを尊敬し感謝し愛するようにすると、ラブラブな交際が続くことになりそうです。

②感謝する
→男女間の交際も、人間関係の1つ・・と言えそうです。
そして、良好で円滑な人間関係には、「相手に感謝する心」が大切となりますよね。

通常、私達は相手から「貴方の、この部分が悪いせいで、私は不幸だ。」などと不満や批判ばかりを言われると、その人との人間関係が嫌になってしまうことになるようです。
一方、相手から「貴方のお陰で、私は幸せです。本当にありがとう!感謝してるよ。」と感謝されると、その人との付き合いが、もっと楽しく好きになっていくようです。

男女には違いもあるため、彼女が彼氏のために頑張っている部分が、男性である‘俺’には、気付かなかったり、わからなかったりもする場合があるようです。
※女性は、彼氏のために美容(ダイエットやネイル、化粧等)を頑張ることが多いようです。

そのため、彼女の頑張りがわからないからこそ「もっと頑張れよ!」などと、彼女に注文をしたくなる時もありそうですが、女性達は皆、愛する彼氏のために、なにかしら、彼女なりに頑張っているようです。
彼女達は、彼女達なりに頑張っているわけで・・だからこそ、‘私(彼女)’の頑張りを彼氏から認めてもらえ感謝されると、嬉しい気持ちになるようです。

【彼女達は、彼女達なりに、‘俺’のために頑張ってくれている!】という大前提のもと、彼女に対して感謝する心を常にもっていると、彼女から喜ばれることになりそうです。そのことは、彼女の幸せにも繋がることでしょう。

③意見の対立
→彼女との交際を続けていると、彼女とは、意見が合わない時も出てきますよね。そのような時、場合によっては{言い争い/喧嘩}などにも、なるかもしれません。

彼女と意見が異なる時。{謙虚さ}の欠如も関係していたのか?
私は「自分は正しい。彼女が間違っている!」と、ついつい考えてしまい・・だからこそ「なぜ彼女は、自分の間違いを認めようとしないんだ?困るなぁ。俺の正しい意見を彼女に納得させなきゃ。」と、思考回路が進んでいました。

例えば、私は以下の空き缶を見て、

「これは、紛れもなく、{事実空き缶}だ。どう見ても{事実空き缶}だ!」と思います。
理由もなにも、ないですよね。
どう見ても、{事実空き缶}なのですから。

にも関わらず彼女は、「え?この空き缶は{嘘空き缶}だよ。」と、言う場合もあったのです。

そんな時、私は「なぜ彼女は、自分の間違いを認めようとしないんだ?困るなぁ。俺の正しい意見を彼女に納得させなきゃ。」と、思考が進んでしまいます。

こうなると、
→「これは、どう見ても{事実空き缶}だろ?間違いを認めろよ。」
彼女→「え?これは{嘘空き缶}よ。貴方こそ、間違っているわよ。」
と、言い争いになるばかりです。
そして私は、「彼女は、間違っているクセに、自分の誤りを認めず・・」などと、彼女を批判することになり、彼女と喧嘩をすることになっていたのでした。

しかし、です。
私達は、互いに同じ事実を見ているのに、2人には、違うように事実が見えており・・・尚且つ、その2人が見ている事実、両方ともが正しい、、、ということも、あるようなのです。

【2人には、違うように事実が見えており・・・尚且つ、その2人が見ている事実、両方ともが正しい】

そんなことは、ありえるのでしょうか。

書籍/第3の案 成功者の選択 によると、ありえる!らしいのです。
だからこそ、少し落ち着いて冷静になり、「自分
だけが正しいのではないかもしれない。彼女も、正しいのかもしれない。」と、{自分だけが正しい!彼女は間違っている!}という己の考えを、疑って・・

{事実空き缶}を、上図のように、少しづつ右にまわしていくと・・

なんと、裏側から見ると、どう見ても{嘘空き缶}にしか、見えなかったりするわけです。

【2人には、違うように事実が見えており・・・尚且つ、その2人が見ている事実、両方ともが正しい】
 → →
私はすぐに、自覚こそないものの、無意識のうちに{自分だけが正しい!相手は間違っている!}と思考が進んでしまうようなのです。
だからこそ、彼女と意見が対立している場合など、少し落ち着いて冷静になり、「もしかすると、自分だけが正しいのではないかもしれない。彼女も、正しいのかもしれない。」と、考えてみる必要も、あるようにも感じました。

【2人には、違うように事実が見えており・・・尚且つ、その2人が見ている事実、両方ともが正しい】ということが、ありえるようだからです。

男女では脳の仕組み等も異なるようで・・だからでしょうか。
男女では、モノの{見え方/捉え方/感じ方/見る視点}なども、異なる場合もあるようです。

そのため、彼女の、モノの{見え方/捉え方/感じ方/見る視点}・・言い換えると、「彼女の世界」や「彼女の世界観」も尊重し・・

「どうして彼女は、そのように言うのだろう?」「なぜ彼女は、その点を重視するのだろう?」と、彼女の世界/世界観の理解に努め、彼女の意見も尊重し、{俺と彼女、どちらの意見が正しいか?}の勝負をするのではなく、俺と彼女、2人にとっての最善の道を探っていく思考回路も、大切なのかもしれません。

そして、そうすることで彼女は、‘私(彼女)’の意見を尊重してくれ、‘私(彼女)’のことを理解をしようと努めてくれ、2人とっての最善の道を探ってくれる彼氏に嬉しく思い、「彼と付き合って良かった~。幸せ。」と思ってくれることにもなりそうです。

④彼女/妻の評価ポイント
→これも、男女の違いでしょうか。
私達男性は、なにか、大きな物事を成し遂げた際に、「俺は素晴らしい貢献をした!大きな貢献度だ!」と思い、日常の些細な点は、あまり気に留めない傾向もあるようです。

一方、女性達は、大きな物事だけでなく、日常の些細な点も、考慮する傾向にあるようです。

だからでしょう。
女性達は、「彼氏が、雨の強い日に「大丈夫?」と気遣うメールをくれた」「電話で、私の話を真剣に聞いてくれた。」「私の家に寄って帰る際、(ついでに)ゴミ捨てをしてくれた。」「デートの時、彼氏が重い荷物をもってくれた」「この前会った時、最近切った前髪に気づいてくれて{似合ってるね♪}と褒めてくれた」など、些細な点も考慮し、彼氏への評価を(無意識的)につけている部分もあるようなのです。

男性からすると「年に1度の県外宿泊デートを成功させた」「仕事で頑張り、昇進した」など、大きな物事にて、俺に対する彼女の評価は決まっているようにも思えるのですが、実は女性達は、些細な点も考慮し、彼氏への評価を(無意識的)につけている部分もあるようです。

そして、彼氏への評価が高まれば高まるほど、彼女の満足度/幸せ度も、高まっていくことでしょう。

些細な点も含めて、彼女の幸せのために、奉仕/貢献していく姿勢も大切なのかもしれません。人間関係においては、些細な事柄が、大きな事柄でもあるようです。

③彼女に喜ばれるには? ~彼女を幸せにする方法~
■彼女に幸せになって欲しくて、彼女に喜んで欲しくて、私達男性は、「彼女に喜ばれるメール」や「彼女に喜ばれるプレゼント」、それに「彼女が嬉しがるデート」などを研究します。

そして、大事なことは、メールの文章でもないし、プレゼントの内容でもなく、デートコース/デートプランでもない・・
大事なことは「その、相手は‘誰’なのか?」の‘誰’の部分・・のようなのです。

「‘誰’から送られてきたメールか?」
「‘誰’がくれたプレゼントか?」
「‘誰’と行ったデートか?」

同じメール、同じプレゼント、同じデートであっても、より惚れている大好きな彼氏からの{メール/プレゼント/デート}の方が、女性達は喜ぶことになりそうです。

彼女が、彼氏のことを1人の異性として惚れていることはもちろん、尚且つ、1人の人間としても彼氏のことを魅力的に思い、尊敬し感謝し、愛するならば、

「大好きな彼氏から送られてきたメールなら、どんなメールでも嬉しいし幸せ!」
「大好きな彼氏から貰ったプレゼントなら、どんなプレゼントでも嬉しいし幸せ!」
「大好きな彼氏とのデートなら、どんなデートプランでも、ただ愛する彼と一緒にいれるだけで嬉しいし、幸せ!」

と、なることでしょう。

そのような意味では、彼女に幸せになってもらうためには、「その、相手は‘誰’なのか?」の‘誰’の部分を改善していく・・つまり、自分磨きが、大切になっていきそうです。


④まとめ ~彼女を幸せにする方法~

■女性は、彼氏から、愛され大切にされることで幸せを感じ、‘私(彼女)’のことを愛し大切にしてくれる彼を愛おしく、そして大切な人!と思うようになり、彼氏に尽くしてくれ始める傾向があるようです。

そして私達男性は、隣にいる彼女が、満たされていて幸せそうでいれば、その彼女の幸せそうな表情を見ることで、「俺は、愛する女を幸せにしてやることの出来ているイイ男だ!」と、自分も幸せな気分になれるようです。

そのため、彼女との交際のコツは「彼女を愛し大切にすること」でも、ありそうです。

さて、付き合っている彼女のことが、好きであれば好きであるほど、「彼女のことを幸せにしたい!」と思いますよね。
そして私は、「彼女に惚れてもらうことで、彼女の心を俺のものにしたいから、彼女のことを幸せにしたい!な。彼女が俺と付き合っていて幸せ感を感じてくれたら、彼女は俺にゾッコンし、彼女の心が俺のものになるから。」と考えていました。
つまり、純粋に、彼女に幸せになってもらいたくて、彼女の幸せを願っていたのではなく、彼女が幸せになってくれれば「俺に惚れてもらえるから」と、自己メリットのために、見返りを求める気持ちから、彼女の幸せを願っていたのでした。
このことは言い換えると、自己メリットのために、他人である彼女の{心のコントロールを試みる}でも、あるのかもしれません。
そして私達は男女問わず誰しも、他人から、他人の自己都合のために、自分の心を意図的にコントロールされることを嫌う傾向にあるようです。

だからでしょうか。
そのような利己的な動機に根ざした心から、彼女の幸せを願い行動していた私の行動には、節々に、「彼女を俺に惚れさせよう」とする利己的で意図的な行動が現れており、そのことを無意識的に感じとる彼女は、だんだん、私から心が離れていったようでした。

もし、利己的な動機からではなく、彼女の心をコントロールすることを試みることなく、ただ純粋に、彼女の幸せを心から願い、愛を与えっぱなしていたならば、彼女は・・
「え!?どうして、彼は見返りを求めてこないの?・・理由はわからないけど、すごく嬉しい!ありのままの私を、見返りを求めず無条件に愛し価値を認めてくれ・・・いつも、私のために純粋に尽くしてくれる。普通、男性達は見返りを求める条件付きの愛しか与えてくれないのに。・・こんな扱いを男性からされたのは、生まれて始めて!すごく嬉しい!」と思うことになり、彼氏に対して純粋に感謝することとなり、彼氏を1人の人間としても尊敬し愛するようになり、だからこそ、違う結果となっていたのかもしれません。

~他者の幸せを心から願う純粋な心は、幸せな結果を生む~

実践するのは難しく、個人的にはまったく出来ていないのですが・・自分自身が愛の磁石となって、愛をたくさん惹き付けることの出来る男性になっていけるよう・・そして、その愛を、純粋に与えていける男性になれるよう・・心の仙人/仙女修行の方も、楽しみつつもコツコツと、精進していきたいものですよね。

~彼女を幸せにする方法/恋愛・婚活男塾~
<writer 名無き仙人>

クス男「僕は彼女から愛されたいよ。」

クス子「法則により、人は与えた分だけを受け取ることになるのよ。彼女から愛されたければ、まずは自分から、彼女に愛を与えていくのも良さそうよ、クス男さん。」

仙「彼女との、幸せでラブラブな交際が続くと良いのぉ。」


関連
すぐ怒る彼女/対処方法(彼女が怒る原因と対処の仕方)
疲れる彼女/原因は男性?(依存と自立/深層心理)
女性の甘え/男性に原因?(人間関係の力学)
妻向き女性のタイプ(恋愛と結婚の違い)
恋愛編/女心と女性心理(女性の言う「愛されたい」の意味)
雰囲気イケメンとは?特徴(繁栄原則と照らし合わせる)
モテる性格/男性編(繁栄的な原則を取り入れる)