恋愛/婚活男塾

妻向き女性のタイプ

■妻/嫁に選びたい「妻向きタイプの女性」とは?結婚相手女性を選ぶ際のポイントと秘訣、コツ。恋愛/婚活男塾。

妻向き女性のタイプ

1.妻向きの女性のタイプ
①嫁にするなら、こんな女性

■結婚は離婚しない限り、死ぬまで続く長期的な人間関係であるため、顔や体型だけで結婚相手の女性を選ぶのではなく、妻/嫁に向きな女性と結婚したいものですよね。
「妻/嫁に向いた女性」と言いましても、人によって好みは違いますので一概には言えませんが、一般的に言われる‘性格の良い女性’を見抜く方法を見てみます。

②妻/嫁向きの女性のタイプ
■女性のタイプにもいろいろとありますが、妻/嫁に適した女性は、以下のような点を観察しますと、わかってくる場合があるようです。

①収入の範囲内の生活
→女性の中には、収入以上の生活水準で暮らしている人もいるようです。
女性の職から収入を推測して、その女性が自分の収入では彼女の高い生活水準を維持できない場合、親からお金が流れ込んできている場合が多いようです。

親からしますと、息子は「自分で勝手に生きていけ!」と自立を促しますが、娘は可愛いもので、ついつい可愛い娘に金銭的な援助をし続けてしまう場合があるようです。
すると女性は、自分の収入以上のリッチな生活水準で暮らせることを「当たり前」と思い込むようになる場合も、あるようです。
そのような女性は、旦那が妻や家族のために一生懸命に働きお金を稼いでも、そのことを「当たり前」と思い、夫の仕事の頑張りに感謝しない場合もあるようです。
男としては、やはり妻から仕事の頑張りを認めてもらい、感謝されたいものですよね。妻のために、頑張っているのですから。

一方、社会人になってからずっと、自分の収入の範囲内で節約もしながら、コツコツと生活してきている女性は、旦那が稼ぐお給料に対しても、大変さを理解し感謝の意を示す可能性が高いでしょう。
「貴方と結婚したことで、自分1人で生活をしていた時より、ずっと暮らしが楽になったわ。」と、彼女は夫に感謝するわけですね。

また、相手女性が「自分の収入以上の生活をしている」ということは、親が女性にお金をあげており、親が娘を甘やかしていることが推測されます。
{娘を甘やかす}という行為は、今に始まったことではなく、小さい頃からずっとであることが多いでしょう。
その場合、親に甘やかされて育った娘は、そうでない女性に比べ、わがままだったり、自己中心的であったりする場合も、あるようです。
親が娘に甘いと、娘がわがままだったり、自己中心的であっても、親が甘やかして、それを許すわけですね。

これらは{収入の範囲内の生活か?}だけで判断することは出来ませんが、{収入の範囲内の生活か?}という部分は、女性のタイプを診断する1つの目安にはなるのかもしれません。

②料理が上手
→料理というのは、レシピ通りに忠実に作れば、男が作っても女が作っても、それなりの料理になります。
物理学の法則が、全人類に平等に働くからです。

それなのに、女性によって料理の腕前にバラつきがあります。
その理由の1つは、家庭の味付けの違いでしょう。人間は、小さい頃に食べなれた味つけを「美味しい」と感じるものですから、家庭の味付けの違いよって、女性の料理の味が変わるようです。

他の理由は、女性の性格面にある場合も、あるのかもしれません。
「相手を喜ばせたい!」という純粋な気持ちから料理を作れば、相手の好みの料理を、相手の好みの味付けにして作るものです。そして基本的にはレシピに忠実に作りますよね。
そして、「旦那に喜んでもらおう!」と、料理の腕前を改善させるよう頑張ります。

一方、「自分が良ければ良いんだ!」という気持ちから料理を作れば、食べてくれる相手の気持ちを考えずに、自分的には美味しい料理を自己流で作りがちです。
その場合、「相手を喜ばせたい!」という純粋な気持ちが欠如していますと、嫁はいつまで経っても、料理の腕前が上がりません。
夫が料理を批判すると、妻は不機嫌になるため、夫は何も言えず・・そのため妻は、自分的には美味しい料理を自己流で作り続けます。ですので改善されず、いつまでも料理の腕前が上がらないわけです。

たかが料理ですが、{料理が上手かどうか?}にも、女性のタイプの傾向が現れることもあるのですね。
及び、実家暮らしで、いつも母親に料理を作ってもらっている女性は、料理を作る機会がないため、なかなか料理の腕前が上がらないようです。
経験によって料理の腕も磨かれるため、「旦那様のために料理/家事も尽くしてあげたい!」と言っているのに、料理は作れないようなら、普段は料理/家事をお母さんにしてもらっている女性かもしれません。
結婚後に急変すれば良いですが、そうでない場合は、旦那様のために料理/家事を尽くしてくれないかもしれません。なんたって、何十年もずっと、お母さんに尽くしてきてもらっているからです。

③貯金がある
→結婚にはお金がかかります。そのため、結婚を意識している独身女性は、結婚のためにコツコツと貯金をしている女性も多いですよね。
貯金を行うためには、目先の欲・・「アレを買いたい!」「旅行に行きたい!」などを我慢する必要があります。
及び、収入の範囲内の生活をコツコツと続け、家計をやり繰りせねばなりません。
そのため、相手女性に「貯金がある」ということは、目先の欲をコントロールする力があるということや、収入の範囲内の生活をコツコツと続け、家計をやり繰りする力があることを意味します。
ですから貯金がある女性の方が、妻や嫁に適していると言えるかもしれません。

「アレを買いたい!」「旅行に行きたい!」などを我慢せずに、収入の範囲を超えてハデな生活を続け、不足分の金は親から貰って、と{家計のやり繰り}という部分がない女性と結婚しますと、結婚後に夫側が苦労することになるのかもしれません。

④友達が多い
→過剰なほどにワガママで自分勝手ですと、周りの人は敬遠して離れていくようです。
一方、相手の幸せのことも考える人の周りには、人が近寄ってくるものです。
友達が多い女性は、相手の幸せのことも考える人である場合も多く、そのような意味では、友達が多い女性は妻/嫁向きの女性のタイプと言えるかもしれません。

⑤愚痴より感謝が多い
→「愚痴を言うか?感謝をするか?」というのは、習慣化されている面も多いため、普段から愚痴より感謝が多い女性と結婚した男性は、妻から感謝されることになるでしょう。
一方、普段から感謝より愚痴が多い女性と結婚した男性は結婚後、妻から感謝してもらえず、愚痴ばかり言われることになるかもしれません。
普段から感謝の言葉が多い女性を妻や嫁に貰うと、幸せな家庭を築いていきやすいのかもしれません。

⑥手に職or働く覚悟
→終身雇用が崩壊した現在、男性がいくら頑張ろうとも、リストラに合ったり、勤め先企業が倒産したりで、職を失う可能性がありますよね。
そんな時、妻が手に職をもっていたり、働く覚悟がありますと、家族が崩壊することもないでしょう。
一方、妻が働く気がない場合、夫が職を失いますと、そのまま家族が崩壊してしまうことも、あるかもしれません。失業→離婚というパターンです。
家計の収入は、1本より2本の方が安定しますよね。そのため、手に職or働く覚悟のある女性との結婚の方が、経済面では安心と言えるでしょう。

②まとめ ~妻/嫁向きの女性のタイプ~
■私達男性は、ついつい、女性のことを性格面ではなく、見た目で選んでしまいがちなようです。
しかし自分の容姿も妻の容姿も、結婚後、1年・2年・3年・・・と、月日の経過とともに、どんどん衰えていくものです。
そのため、容姿だけで結婚相手女性を選びますと、月日の経過とともに、当初の結婚を決断した理由が薄れていき、後で結婚を後悔することにもなりかねません。

一方、良い性格というのは、月日の経過とともに衰えていくものではありませんので、良い性格の女性と結婚しますと、結婚後に後悔する機会も少ないことでしょう。

結婚前の時点で、「相手女性は、妻/嫁向きの女性のタイプか?」を見極めながら、婚活に取り組んでいけると良いですよね。

~妻/嫁向きの女性のタイプ~
<writer 名無き仙人>

クス男「妻/嫁向きの女性のタイプかぁ。僕は見た目を重視するから・・」

クス子「だ・か・ら、容姿だけで結婚相手女性を選ぶと、後で後悔することになる可能性があるのよ?」

仙「結婚前は男女とも、自分の良い部分をアピールし、悪い部分は見せないようにする場合があるからのぉ。「妻/嫁向きの女性のタイプ」をしっかり見抜けるようにしたいものじゃのぉ。」


関連
4種類の女性を理解する(自立と依存/ポジティブとネガティブ)
性格の良い女性を彼女にする方法(女性の性格/10のチェックポイント)
最高の女性/彼女と付き合うには?方法(5感全てでチェック)
女性の甘え/男性に原因?(自立と依存の人間関係の秘密)
後悔しない結婚相手/女性の選び方(見た目と性格の重要性)
わがまま女性を見抜く方法(8つのチェック項目)
女性が婚活で選ぶ男性とは?(「モテる」と「付き合える」の違い)