恋愛/婚活男塾

上手な女性の褒め方・褒める方法のコツ

■上手な女性の褒め方・褒める方法のコツ。女性が喜ぶ褒め言葉。婚活女性を褒める言葉の内容とは?

上手な女性の褒め方・褒める方法のコツ

1.女性は褒められたい
1、仕事編 女性は褒められたい・認めてもらいたい生き物
■男もそうだが、女性は男性以上に、【褒められたい!認めてもらいたい!】欲求が強い生き物。

例えば仕事では、頑張った場合、男性はなにも言われずとも給料が上がればそれで満足する場合も多いが、女性の場合は、給料が上がるだけではなく、上司や社長に「今月頑張ってたね。ありがとう!君はやっぱりすごいよ!」と言葉で言われたい・褒められたい生き物。

もっと言えば、女性の場合、給料の金額上げるよりも、「ありがとう!すごいね!頑張っているね!」「君のお陰だよ。ありがとう!」と、言葉と姿勢で、女性を褒めて、認めてあげる方が、女性の仕事へのモチベーションは高まる場合も多い。

それは、男性は論理的な部分が強い生き物で、女性は感情的な部分が強い生き物だから。

2、恋愛編 女性は褒められたい・認めてもらいたい生き物
■もちろん、恋愛においても女性は、褒められたい・認めてもらいたい生き物。そのため、女性を口説いたり、女性に惚れられるためには、女性を褒めて、認めることが不可欠。

つまり、恋愛テクニック・恋愛スキルの1つが、【褒めること・認めること】なわけ。

モテる男性は、女性を褒めたり、認めたりするのが上手な場合が多い。

2.上手な女性の褒め方・褒める方法のコツ
1、まずは女性を理解しよう!
■働く女性の多くは、事務仕事やサービス業(医療・福祉関係含む)の場合が多い。しかし、事務仕事やサービス業では、大きな手柄(業績)をあげたりというのはないので、職場において褒められることは少ない。

しかし、当の本人(女性達)は、口にはださないが「私だって毎日、文句も言わずに頑張っているのに・・(誰も頑張りを認めてくれない!)」と感じている。

また、婚活適齢期の女性達は、仕事のプレッシャーだけではなく、「結婚しないと!結婚相手を見つけないと!」という見えない時間の期限つきプレッシャーのなかで生きているので、イライラも溜まりやすい。
※「まだ結婚していない?」という無言のプレッシャーの強さは、男性にはわからないほど、女性には強くある。

また、恋愛・婚活適齢期の女性達は皆、美容のために大変頑張っている。全員、見えない部分で食事制限に頑張っているし、髪質や化粧など、頑張っている。

2、そんな女性達を褒めて・認めてあげよう!
■褒め方のコツは、自然体で褒めること。上記に述べた、女性共通のバックグラウンドを理解し、それをもとに褒めてあげればOK。例えば・・

★「へ〜、仕事は○○なんだ。○○も大変でしょ?」←女性の頑張りに理解を示す言葉。
※仕事自体は、なんでもOK。楽そうな仕事でも、女性本人は「私は頑張っている!」と思っているので。

★「髪綺麗だね。」「爪(ネイル)綺麗だね。」←本人の付属品である髪や爪は褒めやすい。顔やスタイルを褒めるのは少し難しくなる。

★「そのバック可愛いね。」「その携帯のストラップ可愛いね。」←これら、持ち物系も褒めやすい。

★(デートの時に)「今日は、(俺のために)時間とってくれてありがと♪」←感謝の気持ちを伝えるのも効果的。

難しく考える必要はない。ただ単純に、上記のように、気がついた点を自然と口にだし、褒めて認めてあげればOK。オーバーでわざとらしい褒め方は、NGになりやすいので気おつけて。

2.上手な女性の褒め方・褒める方法のコツ まとめ
■自分のキャラや相手のキャラとの関係、また、2人の親密度によって、臨機応変に褒めたり、認めてあげたりしよう。

実際のデートでは、「い、いつ、どの部分を褒める!?」と、構えてしまっていると、失敗しやすいので、あくまで自然体で。

〜女性の褒め方・方法/恋愛・婚活男塾〜
<writer 名無き仙人>

クス男「デートの最中に女性を褒めると、褒められた女性のテンションも上がり、デート自体が上手くいきやすくなるのかな〜。」

クス子「誰でも、褒められたら、その日、1日、ハッピーな気分になるものね。」

仙「自分のことを褒めてくれたり、認めてくれる人とは、誰しもが「一緒にいたい!」と感じるものじゃよ。そういう意味でも、褒める行為は大切なのかもしれぬのぉ。」


関連
デートで脈アリを知る方法(信頼度別)
デートで女性から好きになってもらう方法
モテる性格/男性編(繁栄的な原則を取り入れる)
女性と仲良くなる方法/恋愛編(恋愛とは「正面から異性と向き合い心の結びつきを築く人間関係」)
妻向き女性のタイプ(妻/嫁に向いている女性とは?)
女性が好きな人/男性にとる態度(女性の自己中度とタイプ別)
雰囲気イケメンとは?特徴(繁栄原則と照らし合わせる)