恋愛/婚活男塾

2回目のデートに繋げる方法

■付き合う前の1回目のデートから2回目のデートに繋げるには?方法。1回目のデートで関係が終わってしまう理由。

1回目のデートから2回目のデートに繋げる方法

1.初デートの後が続かない・・
1、2回目のデートを誘うために初デートは存在する
■まず、1つはっきりさせておく必要がある。

それは、「デートをする理由は、3回目のデートで告白を成功させるため」です。

3回目のデートで告白を成功させるために、{出会い}も{出会い後のメールやり取り}も{初デート}も{2回目のデート}も存在しているのです。

まずは、そのことを再確認しよう。
付き合う前のメールやり取りや、初デートも2回目のデートも、いきあたりばったりのメールやデートでOKですが、頭の片隅には常に「すべては3回目のデートで、告白を成功させるために存在している。」ということを忘れないようにしよう。

そのため、初デートは2回目のデートを誘うために存在するのです。
2回目のデートなしに、3回目のデートで告白はできませんから。

つまり初デートは1番最初の、お見知り遠足・親善試合のようなものです。

初デートに、・・気合を入れすぎると良くないのかもしれません。

気合が入りすぎると、緊張します。
人間緊張すると、脳内の神経細胞の伝達が悪くなり、普段通りのパフォーマンスがだせなくなり、デートでヘマをしてしまい、女性に嫌われてしまいがちなようです。
初デートは、肩の力を抜いた方が、良さそうです。

2、2回目のデートに繋げる初デートの基本戦略
■とにもかくにも、初デートは短めな時間設定で臨むことが大切なようです。

初デートでは大抵、そんなに話すことはありません。
女性と、楽しい会話を長時間続けられる男性なら、とっくに結婚しているか、彼女がいそうです。
普通の男性は、あまり知らない女性と、長時間も楽しい時間を演出し続けるのは難しいものです。

ですので、初デートで女性に「退屈ね・・。」と思われないためにも、短い時間でデートプランを組みましょう。

女性の大半は、そんなにすっごい初デートを望んでいないようです。
女性の多くは、常識ある普通の男性から、好意的に紳士的に接してもらえて、それっぽいお店で一緒に食事して、何気ない会話が出来たら、それだけで大満足のようです。

※相手女性を、異性として好意的に見ることは大切なようです。
女性にとって重要なことは「この男性は、私を女として、好意的に受け止めてくれているか?」という点のようだからです。

会って、話をして、食事に行って、その後少しふらっとして、「今日はありがとう!楽しかったよ。また、食事にでも行きましょう。じゃあね。」と別れる。
この間、2時間から3時間。これで初デートは十分なのかもしれません。

上記の2、3時間デートで、女性は十分満足しますし、十分満足した女性は、2回目のデートの誘いを断らないようです。

もちろん個人差はあるのですが・・女性の中には、えたいの知れない男性との初デートでは、加点方式で男性を見るのではなく、減点方式で男性を見る場合もあるようです。
自分自身が傷つきたくない思いと、男性への不信感から、減点方式になるのでしょう。

「あっ、こんな発言した。・・だからこの男性は私には合わないかも・・。」というふうにです。

ですので、女性の男性への評価方式が減点方式である以上、長時間デートはリスキーなのです。

※ちなみに、2回目・3回目のデートになると、女性は相手男性のことを、「得体の知れない男」から「知ってる男性♪」と見るようになります。

そうなると、男性のことを加点方式で採点するようになるようです。

「あっ、この男性、こんな良い面もあるのね・・」という風に。

そのため、2回目・3回目のデートでは、長時間デートもオッケーになるわけです。

このような事情もありますし、1回目のデートでは、長時間デートは禁物なのですね。

3、2回目のデートに繋げる魔法の言葉
■1回目のデートの時に、
・女性の好きな食べ物
・女性の好きな休日の過ごし方
・女性の見たい映画
を聞いてみましょう。

その質問をすれば、女性の好みがわかるため、
「へ〜。和食が好きなんだね。じゃあ、今度和食の美味しい店行こうよ。」
「ふ〜ん。休日は結構出歩くんだね。じゃあ今度、一緒にブラりと観光にでも行こうよ。」
「あ、俺もその映画に興味あったんだ。良かったら、今度一緒に見に行かない?」
と、2回目のデートを匂わす会話をします。

すると女性も、「うん、いいよ。」と、話を合わせます。
(本音はわかりませんが、とりあえず、話を合わせてきます。)

そして、1回目のデートが終わりに近づいてきたときに、
「じゃあ今度は、和食だね。」
「じゃあ今度は、観光だね。」
「じゃあ今度は、映画だね。」
と、さきほどの会話の時に約束した話を、もう1度もちだし、念を押します。

そうすることで女性も「あ、冗談や、その場のノリではなく、本気なんだ。」と、わかります。

このようにして、1回目のデートの時点で、2回目のデートの約束を取り付けておくのも、1つの方法のようです。

この場合、その後はメールにて、日程調整をすれば良いだけですね。

2.2回目のデートに繋げるコツ まとめ
1、自然体で短時間デートを!
■緊張すると良くありませんので、自然体で初デートに臨もう。

また、短時間のデートプランを組み、その2、3時間が楽しい時間となるように演出しよう。楽しい雰囲気をだして、女性の話を聞いてあげれば大丈夫です。

具体的なことに関してはデートで女性から好きになってもらう方法の記事で。

〜2回目のデートに繋げる方法/恋愛・婚活男塾〜
<writer 名無き仙人>

クス男「意外に女性も、「1回目のデートで後が続かない・・」と悩んでいる人は多いようだね。」

クス子「「1回目のデートで後が続かない・・」って悩みは、男女共通なのね。」

仙「1回目のデートでは、男女ともに{相手から好感を得よう!}と力みがちで、不自然な2人になるからのぉ。じゃからこそ、自然体が重要なのかもしれぬのぉ。」


関連
女性の脈ありメール(女性とのメールで大切なこと)
女性が喜ぶメール(4つのコツ)
女性が貰って嬉しいメール(3つのポイント)
デートで女性から好きになってもらう方法
デートで脈アリを知る方法(信頼度別)
告白/デートを断られた理由と女性心理(断る女性心理とは?)
女性が好きな人/男性にとる態度(女性の自己中度とタイプ別)