恋愛/婚活男塾

告白/デートを断られた理由と女性心理

■告白/デートが断られる理由と告白/デートを断る女性心理とは?告白やデートを女性に断られた場合の対処方法

告白/デートを断られた理由と女性心理

1.告白/デートを断られた理由と女性心理
①振られた場合、どうする?

■恋愛や婚活、結婚は、他人が絡むものであるため、なかなか自分の思うとおりにいかず・・告白/デートを断られたりする場合もありますよね。

今回の記事では「告白/デートを断られた理由」や、「告白/デートを断られた場合の対処方法」について、女性心理とともに、見ていきたいと思います。

②告白/デートを断られる~告白/デートを断られた理由と対処方法~
■まずは、頻度が高くなりやすい【デートを断られた場合】から、理由や対処方法を見ていきます。

~デートを断られた理由~
①好みでないから~告白/デートを断られた理由と対処方法~
→男性の場合は、「可愛ければ、どの女性でも良いかな~(´⊆`*)ゞテヘヘ」というところがありそうです。

しかし、女性の場合は、「たった1人の愛する{運命の人}と生涯を貫く恋をしたい!」という傾向もありそうです。

そのため一般的には。
女性の方が、男性を厳しくえり好みする・・とされているようですし、実際に、そうなのかもしれません。

つまり、男性よりも女性の方が{異性の好み}にうるさく、また{異性の好み}が狭く、妥協しない傾向があるのかもしれません。

だからこそ、女性をデートに誘ってみた場合「デートに誘ってくれてありがとう。でも、貴方は好みじゃないから、ごめんね」と、断られるパターンも多くなりそうです。

しかしこの場合。
実際には「ごめーん。最近、忙しくて。」や「今、他に気になる人がいるの。ごめんね。」などと、断られることになるようです。

そう断られた場合は、「俺は、彼女の好みの男性では、なかったんだな。‘好み’に関しては、もうどうしようもないのだから、諦めて、次にいこう。」と、新たな恋に向けて気持ちを切り替えるのも良いのかもしれません。

実際、‘好み’に関しては、もうどうしようもないようですから・・。

また、女性の場合は。
相手男性が‘私(女性)’にゾッコン状態となって、しつこく迫られることになるケースを、避けたい!と思う気持ちが男性よりも強いようです。

相手男性が‘私(女性)’にゾッコン状態となって、しつこく迫られ、困った経験があったり、そういった話を聞いたりしていて・・。
だからこそ女性達は、「この男性は、しつこい男性(嫌な男性)にならないかな?大丈夫かな?」とも、意識的もしくは無意識的に考えるものなのかもしれません。

1度でもデートをしてしまえば。
相手男性が‘私(女性)’にゾッコンしてしまい、しつこくなるかもしれないし、{2人は両思いなんだ!}などと勘違いして、しつこくされるかもしれない・・

そのため女性は、デートを誘われた際に「この男性は、デートしても、しつこい男性(嫌な男性)にならないかな?大丈夫かな?」とも、意識的もしくは無意識的に考えるものなのかもしれません。

そのような女性心理があるため。
「この男性は、しつこそうだな~」と思われると、デートも断られる可能性が上がるのかもしれません。
一方、「この男性は、しつこくなったりは、しなさそうね。」と思われるならば、「まあ、1度くらい、デートしてみようかな♪」とも思われ、デートの誘いが成功する可能性も上がるのかもしれません。

だからこそ、確固たる信念・・「しつこくはしない!」「ダメなら諦める!」を、自分の中でもっておくことも、大切なのかもしれません。

恋愛含む人間関係では、雰囲気が、より多くを語り・・恋愛においては、女性は第6感的に男性の雰囲気を見て、男性のことを判断する傾向もあるようです。

「しつこくはしない!」「ダメなら諦める!」という確固たる信念を自分の中でもっておけば、それは雰囲気として相手女性に伝わり、相手女性から「この男性は、しつこくなったりは、しなさそうね。」と思われることにつながり、「まあ、1度くらい、デートしてみようかな♪」とも思われることに、つながっていくのかもしれません。

②基本事項~告白/デートを断られた理由と対処方法~
→女性達は、相手の男性が普通~普通以上の{清潔感/髪型/服装/会話}をしているならば、あとは自分の好みにあう男性を選ぶことになるようです。

そのため、基本的な清潔感、髪型、服装、常識の会話・・などは、おさえておく必要もあるのかもしれません。

おもしろい会話も、「俺のすごい話(自慢話)」も、ずば抜けたファッションセンスも、最先端のお洒落な髪型も、必要なさそうです。

必要なのは、普通の会話・・「へ~、仕事は、そんな感じなんだね。」など・・や、普通のファッション、普通の髪型・・などなのかもしれません。

では次に、「デートを断られた場合の対処方法」を見てみます。

~デートを断られた場合の対処方法~
①次にいく~告白/デートを断られた理由と対処方法~
→デートの誘いを断られた場合は、「俺は、彼女の好みの男性では、なかったんだな。‘好み’に関しては、もうどうしようもないのだから、諦めて、次にいこう。」と、新たな恋に向けて気持ちを切り替えるのも良いのかもしれません。

そして、新たな恋を探しつつ、基本的な清潔感、髪型、服装、常識の会話を高めるよう努めるのもよさそうです。

基本的な清潔感、髪型、服装、常識の会話が高まれば「デートの誘いが成功する確率」も高まるのかもしれません。

(運命論として考えないのであれば)恋愛は、確率論であって、人それぞれで相性や好みがあるため、どんなに恋愛(外見や恋愛テクニックetc)を極めようとも、「デートの誘いが成功する確率」が100%にまで到達することないようです。

しかし、恋愛の経験値及び、基本的な清潔感、髪型、服装、常識の会話が高まれば「デートの誘いが成功する確率」の確率も、高まっていくのかもしれません。

そして、「デートの誘いが成功する確率」に関しては、どこかの時点で、頭打ちが発生することになるようです。

で、恋愛の経験及び、清潔感、髪型、服装、常識の会話・・などに精進することにより、自分としての「デートの誘いが成功する確率」の頭打ち地点までさしかかると。
「あぁ、自分はもう、これ以上、基本的な清潔感、髪型、服装、常識の会話を高めても、「デートOK」の確率は変わらないな。あとは相性や好み次第だな」と、女性の反応などから、わかりはじめることになるのかもしれません。

そのため、その【「デートの誘いが成功する確率」の頭打ち地点】までは、基本的な清潔感、髪型、服装、常識の会話を精進しつつ、恋愛経験値を積んでいくのも悪くはないのかもしれません。

本や雑誌、ネット情報から、女性心理を学びつつ、本や雑誌、ネット情報から、髪型やファッションを学ぶ。

そしてあとは{現場にて、習うより慣れろ!}のスタンスで、恋愛実践・・たいていはダサく悲しい思いをすることになる経験・・を積みながら、自分スタイルを確立していくのも良いのかもしれません。

どういった会話が良いのか?どういった髪型・服が良いのか?・・そういったことは人によって異なるようですし、どういった女性と相性が良いのか?自分はどういった女性から好感をもたれやすいのか?・・なども、人によって異なるようですので、恋愛や婚活においては、自分スタイルを確立する必要もあるのかもしれません。

②他人の意見~告白/デートを断られた理由と対処方法~
→デートの誘いを断られた場合、精神的に傷つくことになるわけですが。

他人である女性の意見「あなたとは、デートなんてしたくありません。」に、自尊心や自己評価を上下させられる必要はないのかもしれません。

例えば、自分は仕事を一生懸命にしているのに、上司が、上司の個人的な好みで、同期のB君を高評価している場合。
それは、たんに、上司の個人的な好みで「B君の方が優秀だ!」と言っているだけであって・・

自分は仕事を一生懸命にしていて、客観的に見ても、仕事の結果/成果を出しているなら、他人である上司の評価で、自尊心や自己評価を上下させる必要はないのかもしれません。
上司の評価次第で、給与額は上下することもあるかもしれませんが、自尊心や自己評価までをも上下させられる必要はないのかもしれません。

上司の方が、自分より絶対的に偉い人物であれば、上司の{自分に対する評価}が低いと、心が傷つかねばならない場合もあるのかもしれませんが・・。
上司はただ、その会社に、自分より先に入社しているだけであって、絶対的に偉い人物でもなんでもなく、会社を離れれば、ただのオッサン・・「だれ、あのオッサン?知らないけど?」・・ただのオッサンにすぎないのかもしれません。

そのような、ただのオッサン(他人)からの評価によって、自分の自尊心や自己評価までをも上下させられる必要はないのかもしれません。

それと同じで。
自分は一生懸命に生きているのに、K子さんが、K子さんの個人的な好みで、同期のB君を「彼って、イイ男よね♪」と高評価している場合。
それは、たんに、K子さんの個人的な好みで「B君の方がイイ男だ!」と言っているだけであって・・

自分は自分なりに一生懸命に人生を生きていているならば、他人であるK子さんの評価で、自分の自尊心や自己評価を上下させる必要はないのかもしれません。
K子さんの評価次第で、バレンタインデーで貰えるチョコの数は上下することもあるかもしれませんが、自尊心や自己評価までをも上下させられる必要はないのかもしれません。

K子さんの方が、自分より絶対的に偉い人物であれば、K子さんの{自分に対する評価}が低いと、心が傷つかねばならない場合もあるのかもしれませんが・・。
K子さんは別に、絶対的に偉い人物でもなんでもなく、普通に他人の1人にすぎないのかもしれません。

そのような、他人からの評価によって、自分の自尊心や自己評価までをも上下させられる必要はないのかもしれません。

~女性からの自分に対する評価 → 他人の意見~

他人である女性達からの評価が高ければ、バレンタインデーで貰えるチョコの数は増えるかもしれません。
しかし、将来選挙に出て、多くの人からの人気を集めようとも思っていたりしないのであれば、コロコロと変わる他人からの評価を、過度・過剰にまで重視する必要なんて、ないのかもしれません。

★選挙 → 人気投票★
★2月14日に貰うチョコの数 → 他人達が勝手に行っている人気投票★

この、絶対的な自分基準・・・自分で自分のことを評価し、他人の意見「貴方はイケメンですねor貴方はダメ男ですねetc」に振り回されなくなれば。

A子ちゃんから「貴方はイケメンですね」と言われても、さほど嬉しくもないし、自分の自己評価は変わらないし・・
B子ちゃんから「貴方はダメ男ですね」と言われても、さほど悲しくもないし、自分の自己評価は変わらない・・

なぜなら、「貴方はイケメンですね」という評価は、他人(A子ちゃん)の意見であって、自分の中で他人の意見は、さほど重要ではないから。
なぜなら、「貴方はダメ男ですね」という評価は、他人(B子ちゃん)の意見であって、自分の中で他人の意見は、さほど重要ではないから。

この絶対的な自分基準・・・自分で自分のことを自己評価する!を身につけ、他人の意見に振り回されなくなれば。

デートの誘いを断られても、「貴女は、俺に対して、そのような意見(貴方はダメ男)をもつのですね。人の意見は、それぞれですものね。」と思うだけで、さほど傷つかなくなるのかもしれません。

~女性からの自分に対する評価 → 他人の意見~

他人の意見にすぎない{女性からの自分に対する評価}に、振り回される必要はないのかもしれません。

他人の意見は尊重しつつ、でも、自分は自分で自分のことを評価するし、自分の意見を大切にする!・・そういった姿勢も、大切なのかもしれません。

では次に「告白を断られた理由」を見てみましょう。

~告白を断られた理由~
①好みではないから~告白/デートを断られた理由と対処方法~
→告白を断られた場合、「好みではないから」ということもあるようなのですが、告白にいたるまでに、何度か付き合う前のデートをしているはずであり・・・デートを何度もしている時点で、「女性は、自分のこと嫌いではない(好感をもっている!)」ともいえそうです。

つまり女性心理としては、「嫌いでないし、結構好きだからデートをしているわけだけど・・でも、付き合うほどは、好きでないというか、好みではないというか・・」ということなのかもしれません。

この時。
しつこい雰囲気があれば、次からはデートを断られるかもしれませんし、爽やかな告白で、関係がこじれないのであれば、告白を断られた後もデートする関係が続くことになりそうです。

②恋愛のモード~告白/デートを断られた理由と対処方法~
→女性にも恋愛モードのオンとオフがあるようで。

恋愛モードのスイッチが入っていない女性は、とりあえず、たまには年頃の男性/男子とも、2人で会話したりドライブに行ったりしたいから・・デートしていることもあるようです。

つまり、友達の延長感覚・・なのかもしれません。

この時に、男性側が本気になって、告白した場合。
女性側は、「うーん。告白してくれるのは嬉しいのだけど、今はちょっと、誰かと本気で向き合い付き合う関係をもったりは・・遠慮したいというか・・」と思い、告白を断ることになるのかもしれません。

ただ、何度もデートをしているなら、嫌われてはいない!と言えそうです。焦らないで、友達の延長感覚・・の間柄を続け、彼女の恋愛スイッチが切り替わるのを待つのも良さそうです。

~告白を断られた場合の対処方法~
→告白を断られた場合の対処方法としては、基本的には「デートを断られた場合の対処方法」と同じ・・と言えそうです。

ただ、デートを何度もしている時点で、嫌われてはいない!と判断できるため、{デートできる間柄}をキープしつつ、チャンスがくるのを待つのも、悪くはないのかもしれません。

告白を断られた場合。
次の恋に向かうか?チャンスがくるのを待つか?は、当人の判断となりそうです。

③素敵な恋愛/婚活をするために~告白/デートを断られた理由と対処方法~
■ゴルフでも人生でも、一緒にまわる人次第で、楽しさが変わるのかもしれません。

ゴルフにおいては。
ゴルフコースがあまり良くなくても、一緒にまわる友人達がいい奴たちで楽しければ、「ゴルフって楽しいー♪」となりそうです。

人生においても。
人生自体に、山あり谷ありがあっても、一緒にまわるパートナーである女性が、素敵ないい人であれば、「人生って楽しいー♪」となるのかもしれません。

そして、自分が繁栄原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}的ならば、素敵な女性と惹かれ合い、素敵な女性と素敵な恋愛を経験する可能性も、そうでないよりは高まるのかもしれません。

繁栄原則を深く身につけていけるよう、ともに心の仙人/仙女修行の方も、精進してまいりましょう。

~告白/デートを断られた理由と女性心理/恋愛・婚活男塾~
<writer 名無き仙人>

クス男「僕は女性から告白されたいな~。」

クス子「普通は、あまり女性から告白をすることがないものね。」

仙「デートの誘いや告白を断られても、落ち込むことなく前向きに、次の恋へと向かっていけると良さそうじゃのぉ。」


関連
女性の脈ありメール(女性とのメールで大切なこと)
女性が喜ぶメール(4つのコツ)
女性が貰って嬉しいメール(3つのポイント)
デートで女性から好きになってもらう方法
デートで脈アリを知る方法(信頼度別)
女性と仲良くなる方法/恋愛編(恋愛とは「正面から異性と向き合い心の結びつきを築く人間関係」)
女性が好きな人/男性にとる態度(女性の自己中度とタイプ別)