恋愛/婚活男塾

デートテクニック

■女性うけする男のデートテクニック。付き合う前のデートテクニックとは?恋愛/婚活男塾

デートテクニック

1.なんでも良いから、少し人と違うデートをする
1、恋人として交際した人数は、1965~1974年生まれの場合、2〜3人が最も多い。続いて、3〜4人が多い。
■2004年アンケート 恋人として交際した数 1965~1974年生まれ 2040人のサンプル  
【1人(11.3%)】【2〜3人(39%)】【4〜5人(25.4%)】【6人以上(16.5%)】【特になし(7.8%)】

2、恋人として交際した人数は、年々増えている傾向にある。

3、つまり、現在の婚活市場にいる男女は、大抵恋人との交際を経験しているため、有名所のデートスポットは、元恋人と既に行っている場合が多い。

4、「じゃあ、今度○○(有名なデートスポットや夜景スポット名、有名な飲食店)行こうよ。」とデートを誘った際に、女性の反応として「うん。(え〜、そこは元彼と行ったことがあるけど・・。まあ、しょうがないか・・。)」となる場合は多い。

5、男女の結婚前の交際が当たり前な現代社会において、「この男性も、またか〜。」と女性に思われないためにも、少し人とは違ったデートをすることは、1つのデートテクニック。

6、少し人とは違ったデートをすると、「えっ、この男性、今までの男と違う!」と思われる。そのことは当然、好印象に繋がる。

2.少し人とは違うデート 具体例
デートスポット編
1、マニアックなデートスポットを見つけよう。雑誌やネット上に、大きく宣伝されるようなデートスポットは、女性は大抵行ったことがあるので、そんなところに連れていっても、退屈されるだけ。

2、「無名だけど綺麗な海岸」「広告をうっていない隠れ家的なカフェレストラン」「ひっそり存在する美術館」「俺しか知らない(ハズの)夜景スポット」を、普段の生活のなかで探すように心がけよう。

※無名だけど綺麗な海岸は、昼も夜も使え、2人きりで散歩できる役立つ場所になる。1度、男の友人と海岸線をドライブし、「無名だけど綺麗な海岸」を探しに行こう。

※高いビルに上ってみたり、高い山に車で登ってみたり、いろいろと探検してみると、「おっ!」というような、無名な夜景スポットは案外多い。

3、普段の生活のなかで見つけた、マニアックなデートスポットを、実際のデートで小出しすることで、女性からの高感度アップを狙おう。

趣味デート編
1、自分の趣味関連のお店に、デート中、寄り道することで、女性に自然と‘俺の世界’を垣間見せよう。趣味のお店に、デート中に寄り道する男は少ないため、女性の印象にも残りやすい。

例えば、釣りが趣味な男性なら「ちょっと釣具屋によってい?」と言い、釣具屋に5〜10分程度寄り道する。男の趣味の世界を覗く機会は、女性には滅多にないので、好奇心から、女性もその5〜10分は楽しい。
※10分以上になると、女性は退屈になる。

また、趣味のお店によることで、
「へ〜。今度、私も釣りに連れていって!」
「バイク好きなんだ。今度、バイクの後ろに乗せてよ!」
「へ〜。パソコンが好きなんだ。今度さぁ〜、パソコンを教えてよ。」
などと、次のデートに繋がることも多いみたい。

注意点!
→デートは、デートプランも重要だが、それと同じくらい、男性自身のデート中の振る舞いも大事。

女性のデートでの男性へのニーズとして、【1、一緒に居て、自然体でいることができ楽しい男性】、【2、‘私’を大切に扱ってくれる男性】というものがる。

1、2、を意識し、デートプランを意識するだけではなく、女性のニーズを満たす男性であることも心がけよう。

〜デートテクニック/恋愛・婚活男塾〜
<writer 名無き仙人>

クス男「デートテクニック/恋愛・婚活編かぁ。」

クス子「男性とのお付き合い経験が普通にある女性なら、大抵、元彼と、デートスポットは全部行っているものね。」

仙「【今までの男とは違う!】と思われたいなら、皆と違うことをデートに取り入れると良いかもしれんのぅ。」


関連
女性の脈ありメール(女性とのメールで大切なこと)
女性が喜ぶメール(4つのコツ)
女性が貰って嬉しいメール(3つのポイント)
デートで女性から好きになってもらう方法
デートで脈アリを知る方法(信頼度別)
告白/デートを断られた理由と女性心理(断る女性心理とは?)
女性が好きな人/男性にとる態度(女性の自己中度とタイプ別)