恋愛/婚活男塾

男の結婚適齢期

■男の結婚適齢期は何歳?男性は何才までに結婚した方が良い?男の結婚限界年齢について。恋愛/婚活男塾

男の結婚適齢期

1.外見年齢の問題
1、女性は男ほど、男性の見た目や実年齢にこだわらないが、それでも「見るからに老けたおじさん」は、若い女性の恋愛・結婚対象として認識されずらい。

2、やはり若い女性は、自分と同じ歳、または多少年上の男を結婚相手に選ぼうとする。

■結婚相手との希望年齢差 女性の場合 2005年 
うまくいく!男の「婚活」戦略 より)

 年下
4.8%
 同い歳
26.8%
 1〜2年上
33.2%
 3〜4年上
19.1%
 5〜6年上
11.7%
 7歳以上
4.6%

3、1980年代に比べ、年々【3〜6歳上】が減り、【同じ歳〜2歳上】が増えているのが特徴。つまり、近年は自分と歳の近い女性とは結婚しやすくなったが、自分より3歳以上若い女性とは、結婚しにくくなっている。

4、若い女性と結婚したいのであれば、自分自身が少しでも若いうちに結婚を決意した方が良い時代になってきている。

2.子供に必要な費用の問題
1、結婚が遅くなればなるほど、自身の老後の費用の問題と、子供の大学・専門学校等の学費の問題の時期が重なりやすくなる。

2、男女とも希望の子供人数は、2人(男64%・女61%)ないし3人(男20.4%・女23.9%)が多く、学費も多く必要になる可能性が高い。
※国立社会保障・人権問題研究所「第13回出生動向基本調査」より

3、1人の子供で、小学校から高校までで、すべて公立の学校でも平均500万〜700万円は必要。国公立大学では、授業料だけで200〜280万円必要。(50万〜70万円×4年間)

3.親の介護の問題
1、結婚が遅くなることで、子育てと親の介護が重なる可能性も。

2、一方、結婚が早ければ、子育てを親に手伝ってもらうことも可能。

〜男性の結婚適齢期〜
<writer 名無き仙人>

クス男「結婚の決断を先延ばしにする弊害もあるんだなぁ〜。」

クス子「子育てって、やっぱりお金がかかるのね。」

仙「女性の結婚相手に望む希望年齢差の変化は、興味深いのぅ。」


関連
最高の女性/彼女と付き合うには?方法(5感全てでチェック)
デートで脈アリを知る方法(信頼度別)
4種類の女性を理解する(自立と依存/ポジティブとネガティブ)
妻向き女性のタイプ(妻/嫁に向いている女性とは?)
女性の甘え/男性に原因?(自立と依存の人間関係の秘密)
後悔しない結婚相手/女性の選び方(見た目と性格の重要性)
わがまま女性を見抜く方法(8つのチェック項目)