恋愛/婚活男塾

チャラい男・軽い男はモテないはウソ?

■チャラい男・軽い男はモテないは嘘。ちゃらい男や軽い男はモテない?恋愛・婚活講座。

チャラい男・軽い男はモテないはウソ?

1.女性のアンケート・発言には気をつけよう
1、チャラい男は本当に女性から不人気?
■女性へのアンケートやインタビューでは、「私、チャラい男は嫌い!」「男のクセにチャラい人とかありえない」などと、チャラい男は女性に不人気。

それを見た私は「そっか。やっぱり誠実な男性が女性にモテるのか!」と思っていたが、{チャラい男はモテない}ということは、半分ウソだということがわかった。正確には、チャラいとイイ男は紙一重ということがわかった。

2、チャラい男と良い男の違いは?
■女性は男性から「愛されたい!」と思う生き物。どちらかかと言うと、やはり恋愛に関しては、受身な女性が多いし「男性から誘って欲しい」と考える女性はとても多い。

そうなると、女性のニーズを満たすためには、男性から女性に声をかけて、話をし、積極的にアドレスを聞いたり、デートに誘わなければならない。

しかし、男性から女性に声をかけ、話をし、積極的にアドを聞いたり、デートを誘うと、女性から「軽い男。チャラい男。」と思われがち。

これ、なんか矛盾ありません?

そうです。基本受身の女性のニーズを満たすためには、どうしても・・ようなのです。

「俺は誠実な男を目指す!」と言って、女性に自分からアプローチをしないと、一生独身・彼女なしともなりかねません。今の時代はそのくらい、恋愛・婚活格差の激しい時代です。

だからこそ、誠実な男を演じていた、誠実なところを売りにしていた頃は、女性関係はゼロだったのに、その後「もう、別に軽い・チャラい男でも良いや。」と開き直ってから、女性関係が充実した経験のある男性も少なくはないはず。

女性は、口先では「軽い・チャラい男は嫌!」と言いながらも、なんだかんだで、自分にかまってくれる男性を選ぶようです。というより、自分からは基本、アプローチしない女性からすると、自分にかまってくれる男を選ぶ以外に、男性と親密な関係になる方法がないのです。

女性も厳しい恋愛・婚活格差の時代の荒波の中を生きています。彼女らは、すました顔をしていますが、男を比較検討し、選ぶ余裕をもっていない場合も少なくはないようです。タイミングさえあえば、たとえ少々、軽いチャラい男でも、そこそこの男なら恋に落ちるのが女性という生き物なのかもしれません。

ですので、少々チャラくなっても、女性に自分からアプローチしていくことが大切なのかもしれません。自分からは積極的にいかない草食系な男性が多い、このご時世だからこそ、少々チャラくても、女性にアプローチしていく男性は、女性達から重宝されることになるようです。

2.品を保つためには
1、ただのチャラ男にならないために
■ただのチャラ男は、若いギャルからしか相手にされないのかもしれません。ですので、女性に積極的にアプローチしつつも、品をキープしなければなりません。

男の品格を保ちつつ、女性には積極的にアプローチできるようになれば、良さそうですね。

男の品格を保ちつつ、女性には積極的にアプローチする方法については婚活での彼女の作り方の記事で。

〜チャラい軽い男はモテない?/恋愛・婚活男塾〜
<writer 名無き仙人>

クス男「ほうほう。」

クス子「男性はどうしても、自分から積極的にアプローチしないといけないものね。」

仙「上手くいかないときは「なんでも良いから、今までとは違うことしろ!」がセオリーじゃよ。真面目さ/誠実さだけを売りにしており駄目な場合は、少し軽く・フレンドリーな感じでいってみるのも悪くはないかもしれぬのぉ。」


関連
デートで脈アリを知る方法(信頼度別)
デートで女性から好きになってもらう方法
モテる性格/男性編(繁栄的な原則を取り入れる)
女性と仲良くなる方法/恋愛編(恋愛とは「正面から異性と向き合い心の結びつきを築く人間関係」)
妻向き女性のタイプ(妻/嫁に向いている女性とは?)
女性が好きな人/男性にとる態度(女性の自己中度とタイプ別)
雰囲気イケメンとは?特徴(繁栄原則と照らし合わせる)