恋愛/婚活男塾

女性が好きな人/男性にとる態度

■女性が好きな男性の前でとる態度・仕草・行動・表情・心理とは?出会い編/メール編/デート編別で解説。恋愛/婚活男塾

女性が好きな人/好きな男性にとる態度

1.女性が好きな男性の前でとる態度・仕草・行動・表情・心理とは?
①出会い編/メール編/デート編別

■好きな女性が出来ると、その好きな女性の心理や気持ち、自分に対する態度などが、気になり始めますよね。

さて、「女性が好きな男性に対してとる態度」を知るためには、2つのポイントがあるようです。
①関心or無関心
②自己中度

まず①関心or無関心です。
私達は男女問わず、自分が好きになった相手に対しては、関心をもつことになるようです。
私達男性の場合、好きな女性が出来ると、その女性の{好きな男性のタイプ}や{過去の恋愛歴}、それに{誕生日}や{苗字(フルネーム)}なども、知りたくなりますよね。
それは、好きになった女性に「関心をもつことになったから」とも言えそうです。

一方、恋愛対象外と判断した女性のことは、あまり興味/関心をもてませんし、恋愛対象外の女性の{好きな男性のタイプ}や{過去の恋愛歴}、それに{誕生日}や{苗字(フルネーム)}などは、「知りたい!」とも、思えませんよね。

これは女性側も同様であるようです。
女性も、好きな男性が出来ると、その男性に関心をもつことになり、その結果、その男性の{好きな女性のタイプ}や{過去の恋愛歴}、それに{誕生日}や{苗字(フルネーム)}なども、知りたくなるようです。
そして一方、恋愛対象外と判断した男性のことには興味をもてず、だからこそ、恋愛対象外の男性の{好きな女性のタイプ}や{過去の恋愛歴}、それに{誕生日}や{苗字(フルネーム)}などは、「知りたい!」とは思えないようです。

この上記の傾向に、②自己中度が加わることで、「女性が好きな男性に対してとる態度」を、推し量っていくことになりそうです。
どういうことか?と言うと・・
女性にも、自己中度には個人差があるようで。

自己中度が高い女性の場合、「恋愛対象としてアリな男性ね。」と判断した男性に対してや、自分が好きになった男性に対してしか、興味/関心を示さない傾向が強いようなのです。
逆を言えば、恋愛対象外!と判断した男性には、興味を示さないわけですね。

自己中度の高い女性は、「‘私’の幸せと、相手男性の存在は、関連度が高いか?低いか?」で、相手男性のことを見ている側面もあるようで・・だからこそ、恋愛対象外と判断した男性は、‘私’の幸せとは無関係な男性であるため、興味/関心を示さないことになるようです。。
自己中度の高い彼女達が関心があるのは、他者(相手の男性)ではなく【‘私’の幸せ】だからでしょう。

つまり、自己中度の高い女性が、‘俺’に対して、「ねぇ、貴方の誕生日はいつ?」「ねえねえ、貴方の好きな女性のタイプって、どんな人?」などと聞いてきた場合、‘俺’は、相手女性から、恋愛対象として見られている可能性が高いことを意味しそうです。

自己中度の高い女性は、【‘私’の幸せ】が大切であり、だからこそ【‘私’の幸せ】に今後、関係してくる可能性がある恋愛対象の男のことは、気になるのですね。
一方、自己中度の高い女性は、興味があるのは他者ではなく‘私’のことであるため、【‘私’の幸せ】に今後、関係してこない恋愛対象外の男には興味/関心をもたないため、恋愛対象外の男性の苗字も誕生日も、女性の好みも、ど~でも良いため、それらの質問を、恋愛対象外の男性には、してこないことになりそうです。

で、一方。
自己中度が低く、自分のことだけではなく、他者にも関心をもち、「他者の幸せをも願う心」をもっている女性の場合。
たとえ恋愛対象外の男性であっても、他者に関心をもち、「他者の幸せを願う心」から、「ねぇ、貴方の誕生日はいつ?」「ねえねえ、貴方の好きな女性のタイプって、どんな人?」などと、聞いてくることもあるようです。

だからこそ。
「相手の女性が好きな男性に対してとる態度」を知るためには、まずは相手女性の自己中度を、チェックする必要がありそうです。

そして相手女性が、自己中度が高い女性である場合。
‘俺’に関心を向けてきたならば、‘俺’は、相手女性から恋愛対象として見られており、脈アリ!と判断できるのかもしれません。
一方、そのような自己中度の高い女性が、‘俺’に対して、関心をもっていないようならば、「‘俺’は恋愛対象外と判断された。トホホ・・。」と、判断できるのかもしれません。

また、相手の女性の自己中度が低く、自分のことだけではなく、他者にも関心をもち、「他者の幸せをも願う心」をもっている女性の場合は、‘俺’に対して興味/関心を示してくれても、その興味や関心が「恋愛対象として見られているから、向けられている興味/関心か?」が、わかりにくい・・とも言えそうです。

上記では、‘自己中度’に絞り見てきましたが、他にも「受身的な妹タイプの女性か?」もしくは「世話焼き姉/母タイプの女性か?」なども考慮する必要もありそうです。

「受身的な妹タイプの女性」の場合は、たとえ相手男性のことが好きで関心をもっていても、{受身的な、妹タイプの可愛い私}でいたいからか?
相手男性に対して、あまり質問をしてこない場合もあるようです。

そして「世話焼き姉/母タイプの女性」の場合は、世話焼き姉/母タイプであるからこそ、恋愛対象外の男性に対しても関心を示し、いろいろと質問をしてくることもあるようです。

・・今、気になっている女性の自己中度は、どれほどのものでしょうか?
また、その女性は、「受身的な妹タイプの女性」でしょうか?
それとも「世話焼き姉/母タイプの女性」でしょうか?

このような、女性の自己中度やタイプも考慮して、「女性が好きな男性に対してとる態度」は、推し量っていく必要があるのかもしれません。

では次に、具体的な態度を見ていきましょう。

②女性が好きな人/好きな男性にとる態度
■女性が好きな人/好きな男性にとる態度として、信頼度が高い順に、見ていきましょう。
ただ、以下の項目にてチェックする際も、女性の自己中度やタイプを考慮しておく必要はありそうです。

①恋愛の質問をしてくる
<信頼度★★★★>
出会いの方法一覧での合コンや婚活パーティーの席などは別として・・ですが、女性が男性に対して、恋愛に関する質問をしてくる場合、それは「好きな人/好きな男性にとる態度」として、ある程度は信頼度がありそうです。

女性は、恋愛対象外!と判断した男性に対しては、恋愛に関する質問は、あまりしないようなのです。
恋愛に関する質問を異性にすることは「貴方のことを恋愛対象として興味があります!」と、遠まわしに言っていることにも繋がる場合があり・・だからこそ女性達は、恋愛対象外!と判断した男性達に勘違いされたくないため、恋愛対象として好意を寄せている男性に対して(のみ)、恋愛系の質問をしてくることになるようなのです。もちろん、そうでない場合もありますが・・。

自己中度の高い「受身的な妹タイプの女性」が、‘俺’に対して「ねぇ、○○さんは、どんな女性がタイプなの?」「いつから、彼女いないの?」「どうして、彼女を作らないの?」などと、恋愛系の質問をしてきたならば、それは脈あり!とも言える可能性がありそうです。

②やきもちを焼いてくる&独占欲が見え隠れする
<信頼度★★★★>
→「先週なにしてたかってこと?・・えぇ~っと先週は、会社の先輩の誘いで断れなくて・・久し振りに合コンに参加してたよ。」などと女性に言った際、相手女性が、一瞬「ムっ」とした表情を見せた場合・・それは「焼きもちを焼いている/独占欲が表れている」とも、言えるのかもしれません。

一方、相手女性が「合コンだったんだー。良いな~私も、合コン行きたいなぁ。可愛い子、いた?」などと、強がりではなく笑顔で嬉しそうに聞いてくるのであれば、それは‘俺’に対して、恋愛感情をもっていない・・とも言えそうです。
女性が‘俺’に対して恋愛感情を抱いているならば、‘俺’が合コンに参加した場合、嬉しく思えないし、好意的にも、受け取ることが難しいからです。

上記は他にも、以下のような事柄も含まれそうです。
「○○さんは、誰に対しても優しいものね。」・・これは、私にだけ、特別、優しくして欲しい独占欲の現れ。
「へ~、元彼女から、連絡があったんだ(少し複雑な表情で)」・・・元彼女との繋がりを少し複雑な表情で聞く場合などは、焼きもちや、独占欲の現われ。

相手の女性が、‘俺’に対して「焼きもちを焼く/独占欲が表れる」のであれば、それは「女性が好きな人/好きな男性にとる態度」として信頼度がありそうです。

③プレゼントをくれる
<信頼度★★★★>
→皆に配る{旅行のお土産}や{義理チョコ}などではなく、相手女性が個人的に、「この前のデートで奢ってくれたお礼として。」などと、マフラーや手作りのお菓子などをくれた場合、それは「女性が好きな人/好きな男性にとる態度」として信頼度がありそうです。

女性達は、好意を抱いていない男性から勘違いされることを嫌うため、好意を抱いていない男性には、個人的なプレゼントを渡したりはしないようです。
好意を抱いてもらいたいからこそ、個人的なプレゼントを、男性に渡そうとするのですね。

④友人への紹介
<信頼度★★★>
→「ねぇねぇ、(‘私’の仲の良い女友達の)ミキが、「○○さんを見てみたい!」って言ってて。ミキとも会ってくれる?」などと、相手女性が、仲の良い女友達に‘俺’のことを紹介しようとしている場合、それは「女性が好きな人/好きな男性にとる態度」として、状況にもよりますが・・信頼度がありそうです。

女性が、‘私’の大切な女友達に、好意を抱いていない男性を会わせようとすることはなさそうです。
一方、好意を抱いている男性は、‘私(女性)’にとっては大切な存在であり、だからこそ同じく、‘私’にとっての大切な存在である仲良しの女友達と、会って知り合いになって欲しい!と、考える場合もあるようです。

⑤苗字/誕生日を聞いてくる
<信頼度★★>
→意外と参考になるのが、{苗字/誕生日}なのかもしれません。
上記の①~④は、女性側が、かなり男性に惚れていないと、現れない態度のようです。
しかし付き合う前の段階で、女性が、そこまで男性に惚れてしまうケースは少なく・・通常は、「○○さんは良い人だし、見た目や性格も(結構)好みだし・・でも、う~ん。。。」という状況である場合が多そうです。

そんな時には、些細な態度から、「女性が好きな人/好きな男性にとる態度」を推し量っていく必要がありそうですが・・その1つが、{苗字/誕生日}なのかもしれません。

私達男性でも、恋愛対象外!と判断した女性に関しては、下の名前だけ知っていれば苗字までは知ろうとしませんし、誕生日も聞こうとしないようです。
女性の場合も同じで、恋愛対象外!と判断した男性に関しては、下の名前だけ知っていれば苗字までは知ろうとしませんし、誕生日も聞こうとしないようです。

そのため、特に自己中度の高い「受身的な妹タイプの女性」が、‘俺’に対して「ねぇ、○○さんは、誕生日はいつ?」「苗字は?」などと、誕生日やフルネームに関する質問をしてきたならば、それは脈あり!である場合も、ありそうです。

⑥誠実さをチェックされる
<信頼度★★>
→「○○さんは、浮気をする人?」「私、浮気する人だけは、駄目なのよね~」「○○さんって、もしかしてチャラい人?」などと、男性の誠実さチェックに繋がる質問をされた場合、それは「女性が好きな人/好きな男性にとる態度」の1つである場合も、ありそうです。

女性が、相手男性のことを{彼氏候補}として見ている場合、女性は、相手男性の「誠実度・・浮気しないか?チャラくないか?」などが気になるようです。
そのため、相手男性のことを{彼氏候補}として見ている場合は、誠実度を推し量る質問をする場合があるようです。
ちなみに質問ではなく、話の流れの中等で「私、浮気する人だけは、駄目なのよね~」と女性が(独り言のように)言った場合、女性は、その‘私’の発言に対して、相手の男性が、どのようなリアクションをとるか?を観察し、相手男性の誠実度を推し量ろうとしている場合も、あるようです。

⑦自己都合で連絡or都合に合わせる
<信頼度★★>
→女性が「ごめ~ん。最近、忙しくって。」と言ってきた場合、男性としては「ミキちゃんは、忙しいんだな。じゃあ、連絡をとったりデートを誘うことを、控えなくちゃ。」と思います。

これは女性からしてみると・・
相手男性から、男性側の都合で連絡されるのが嫌な場合に、釘をさしておきたい場合に「ごめ~ん。最近、忙しくって。」と言っておけば良いことにも、なりそうです。
つまり女性は、本当は忙しくなくても、男性側の都合に合わせるのが嫌な場合に「ごめ~ん。最近、忙しくって。」と言う場合があるわけです。

しかし、ミキちゃんは「ごめ~ん。最近、忙しくって。」と言っていたのに、ミキちゃんの都合次第では、ミキちゃんから連絡も来る・・このようなケースは、男性側は、女性の都合の良いように利用されている!とも、言える場合もありそうです。

一方で。
相手の女性が、いつも‘俺’の都合に合わせてくれるのであれば、それは「女性が好きな人/好きな男性にとる態度」の1つなのかもしれません。状況次第でもありますが・・。

通常、男女の恋愛では、相手に惚れてしまった方が、相手の都合に合わせることになるようです。
だからこそ、メールやり取りやデートの日程決めなど「‘俺’が女性の都合に合わせているか?」もしくは「女性が‘俺’の都合に合わせてくれているか?」によっても、脈あり/脈なしが、わかる場合もありそうです。

では次に、【出会い編/メールやり取り編/デート編】を見てみましょう。

~出会い編~
①良い女度をアピールしてくる

<信頼度★★>
→私達は男女問わず、「異性から高評価を得たい!」という気持ちがあるようです。
そして、特に恋愛対象としてアリ!と判断し、好意を抱いた異性に対してほど「相手から高評価を得たい!」と思い、だからこそ背伸びしてイイ男度orイイ女度をアピールしようとする傾向にあるようです。

出会いの場にて、相手の女性が‘俺’に対して、「私は、こんなにもイイ女なんですよ!」と遠まわしにアピールしてきた場合、それは「女性が好きな人/好きな男性にとる態度」の1つなのかもしれません。個人差があるようですが・・。

男性の場合は「俺の仕事のすごさ」「俺が、どれだけ仕事に頑張っているか」「俺の趣味や俺の車」などと、直接的に、「俺はイイ男ですよ!」と女性にアピールする傾向があるようです。

そして女性の場合は、少し遠まわしに「昨日、お菓子を作ったんだ~(私は、料理も作れるのよ!)」「今度、友達と旅行に行くよ(私は友達もいるし、リアルが充実している女なのよ!)」「この前、職場の人に告白されてビックリした~(私は、告白されるようなイイ女なんですよ!)」などと、アピールする傾向があるようです。

②自分の話をしてくる
<信頼度★★>
→女性は、好感をもった相手に対して「私のことを理解して欲しい。相手から私のことを理解されたい!」と思うことになるようです。
そのため、惚れた男性に対しては、‘私(女性)’のいろいろな話をすることで、男性に‘私’のことを受け入れてもらい理解されようと、する場合も多いようです。

だからこそ、相手の女性が‘俺’に対して、いろいろと自分の話をしてくる場合は、「嫌われては、いない。」と判断出来そうですし、状況によっては「好感をもたれている」とも、言えそうです。
ただし、ただ自分の話をしたくて、その話を誰でも良いから聞いて欲しくて・・女性は自分の話をペラペラと喋る場合もあるため、判断は難しそうです。

②目
<信頼度★>
→私達人間は、自分の興味があるものを見るときは、黒目の瞳孔が大きくなるようです。
そのため、相手の女性が‘俺’に対して好意をもっている場合。
女性の目が、好意的な目(時にキラキラしているような目)である場合も、あるようです。
ただし、この世界を肯定的に見ている、感じている女性の場合は、だいたいの人に対して、好意的な目で見ることになるようで・・そのため「女性が好きな人/好きな男性にとる態度」としては、判断が難しいこともあるようです。

~メール編~
①女性からメールが来る

<信頼度★★★>
→個人差がありますが、友達としてではなく、どちらかと言えば異性として関わっている状況において、女性からメールが送られてくる場合は、素直に{俺は女性から好感をもたれている}と判断して良さそうです。

友達としてではなく、どちらかと言えば異性として関わっている状況においては、女性は勘違いされたくない気持ちも手伝って、好意を抱いていない男性に、自分からメールを送ることは、しないようです。

特に、自己中度の高い「受身的な妹タイプの女性」が、‘俺’に対して女性の方からメールを送ってくるならば、それは脈あり!である場合も、ありそうです。
関連女性の脈ありメール(女性とのメールで大切なこと)

~デート編~
①緊張して恥ずかしがっている

<信頼度★★>
→付き合う前のデートでは、待ち合わせの時に、緊張しますよね。
それは、女性も同様であるようです。

そして・・男性でも女性でも、相手に好意を抱いているほど、デート前の準備を頑張ることになりそうです。
で、人間は、準備に頑張れば頑張るほど、緊張感が強まるようなのです。
そのため、デート前の準備を頑張れば頑張るほど、デート当日の待ち合わせ時間は、緊張することになるようです。

だからこそ、デートの待ち合わせ場所にて。
相手の女性の緊張度が高く、照れている様子すら垣間見れるようならば、女性はきっと、デート準備に頑張ったのでしょう。
デート当日のために頑張ってお洒落をし、準備をするから、緊張していることが予想されるため、緊張度が高く照れている様子すら垣間見れるならば、それは「女性が好きな人/好きな男性にとる態度」とも言えそうです。

が、{緊張するかどうか?照れるかどうか?}は、個人差も大きいため一概には言えない側面もありそうです。

ちなみに、お洒落は自己満足的な側面も強いため、お洒落度(お洒落を頑張っているように見えるかどうか?}からは、脈あり/脈なしの判断は、しにくいようです。
関連デートで女性から好きになってもらう方法(失敗談と解決策)

③まとめ ~女性が好きな人/好きな男性にとる態度~
■様々な「女性が好きな人/好きな男性にとる態度」を見てきましたが・・どれも、推測の範囲を超えず、だからこそ、女性の気持ちを知るためには、告白をしてみるしかない場合も多そうです。

及び、男性の場合は、{異性の気持ち/心理を敏感に察する}ことよりも、積極性の方が大事であるため、過度・過剰なほどには「女性が好きな人/好きな男性にとる態度」を気にしない方が、良いのかもしれません。

人間、いろいろと考えすぎると、生存本能(心や体が傷つきたくない本能)より、マイナス思考になってしまいがちなようで・・だからこそ、「女性が好きな人/好きな男性にとる態度」を気にしすぎると、、、

「ミキちゃんは、あんな態度だったから、脈なしかも。トホホ・・。」となってしまい、積極性を奪われてしまうことも多いようなのです。

恋愛において、男女の役割は異なるようです。
{異性の気持ち/心理を敏感に察する}は女性の役目であって、男性は、いろいろ考えずに、女性に積極的にアプローチするのが、役目であるのかもしれません。
男女ともが{異性の気持ち/心理を敏感に察する}に力をいれ、男女ともに積極性がなければ、上手くいくハズの恋愛でも、駄目になってしまうかもしれません。

心の仙人/仙女修行をとおして、良い意味での{諦めの覚悟や心}、それに{相手の幸せを心から願う‘心’}などを身につけていき、積極的に、女性にアプローチしていける自分創りの方も、精進していきたいものですよね。

~女性が好きな人/好きな男性にとる態度~
<writer 名無き仙人>

クス男「この前、夜の繁華街を歩いていたら、通りに立っている女性達から笑顔を向けられて「どうですか~?」なんて誘われたんだけど・・これって、「女性が好きな人/好きな男性にとる態度」なのかな?」

クス子「それは、「お客さんに対してとる態度」なんじゃない?」

仙「相手女性の幸せを願いつつ、楽しみながら積極的に、恋愛/婚活に取り組んでいけるのも良さそうじゃのぉ。」


関連
女性と仲良くなる方法/恋愛編(恋愛とは「正面から異性と向き合い心の結びつきを築く人間関係」)
デートで脈アリを知る方法(信頼度別)
モテる性格/男性編(繁栄的な原則を取り入れる)
妻向き女性のタイプ(妻/嫁に向いている女性とは?)
後悔しない結婚相手/女性の選び方(見た目と性格の重要性)
告白/デートを断られた理由と女性心理(断る女性心理とは?)
女性が婚活で選ぶ男性とは?(「モテる」と「付き合える」の違い)